食品・飲料 広告・マーケティング

自家製スパイスがクセになる!食品添加物・砂糖不使用のナッツブランド『SPICE UP』新登場!

丸藤フルーツ株式会社
ギルトフリー&カラダに優しい”Something to bite”

丸藤フルーツ株式会社は、新しいナッツブランド『SPICE UP』を本格的に販売する。自家製ブレンドしたスパイスは、食品添加物・砂糖・植物油脂を一切使わずに仕立てた。東京で活動するナッツ専門家、料理人と共同開発をして“病みつきになるギルトフリーナッツ”を完成させた。


丸藤フルーツ株式会社(群馬県・前橋)は、新しいナッツブランド『SPICE UP』を店頭・オンラインにて本格的に販売する。自家製でブレンドしたスパイスは、化学調味料・砂糖・植物油脂などを一切使わずに仕立てた。東京で活動するナッツ専門家、シェフたちと共同開発をした“病みつきになるギルトフリーナッツ”だ。




■新規事業としてナッツブランドの開発に参入
群馬県前橋市にて、青果の卸販売をする同社は、コロナウイルス感染症の影響で売上が低迷。そこで、2021年9月から新規事業としてナッツブランドの開発に取り組んだ。完成した新ブランドが、『SPICE UP』(スパイスアップ)である。

“毎日に ほんのひとかけらの 刺激を”がコンセプト。全商品共通で、砂糖や化学調味料などは一切使わずに、すべて自社製造をしている。油も添加せずに焙煎をすることで、酸化した油を摂取するリスクを最小限にしながら香ばしさがたちこめる。

また、醤油などの小麦が含む調味料は使用しないことで、グルテンフリー(小麦グルテン不使用)を実践する人たちでも楽しめるようにレシピを設計。コーティングするスパイスは、都内のフレンチシェフが監修しており、3種類のバラエティに富んだ味わいが楽しめる。


■デザイナーや外部専門家との連携


『SPICE UP』のブランドディレクターとして、無添加のドライフルーツ・ナッツの商品プロデュースなどを手懸けるドライフルーツ&ナッツアカデミー(東京都・大田)を迎え入れ、Z世代から支持されている女性漫画家を起用するなど、新しい試みに挑戦した。クリエイティブ制作では、ノスタルジックで可愛いデザインを意識。

ドライフルーツ&ナッツアカデミー代表の井上嘉文 氏は「世代を問わず、生活においてストレスや不安が絶えない世の中だと思う。だからこそ、生活シーンの異なる3人の女性キャラクターを描き、幅広い世代から愛されるブランドにしたいと考えて、デザインした」と語る。

また、2022年1月には、新たな試みとして『ミクチャ』LIVE内にて公式アンバサダーのオーディションを開催。数多くのエントリー者の中から、公式アンバサダーとして道瀬藍利さんが選ばれ、SNSでの発信活動を依頼する予定だ。

<商品情報>



エキゾチック スパイス アーモンド
香ばしいアーモンドにガラムマサラで複雑な甘辛さが光る。
内容量:50g
小売価格:748円(税込)





エスニック カレー カシューナッツ
多種類のスパイスとカレー風味のカシューナッツがクセになる。
内容量:50g
小売価格:748円(税込)




オリエンタル メープル アーモンド
ほんのり甘いアーモンドに、黒胡椒やマジョラムで“東洋の香り”をプラス。
内容量:50g
小売価格:748円(税込)


■販売店舗として、前橋にフルーツサンド店もOPEN!
丸藤フルーツ株式会社は、『SPICE UP』の販売チャネルとして、オンライン(ネット通販)だけを検討していた。しかし、OMOの実践をするため、昨年の12月には工場併設の「くだもの屋さんフルーツサンド」をオープンさせた。木曜日から土曜日までの3日間の営業日であるものの、客足は好調で、店頭では焼きたてに近い『SPICE UP』を販売できるようにした。

井野智恵美(製造統括):「食品添加物が含まれないビーガン対応の味付けナッツは、市場にほとんど出回らず、残念に思っていた。ならば、カラダにやさしい商品を自社で製造しようと考えた。商品がカタチになって嬉しい」

仕事や部活の合間に、または夕食後にお子様が眠ってからの自分のご褒美に。
様々なシーンで、罪悪感のない“Something to bite”が誕生した。

公式サイト:https://maruto-fruit.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)