エンタテイメント 医療・医薬・福祉

DKエルダーシステムを授業で体験した秦野総合高校が「総合学科フェスタ2019」で音楽健康セッションを実施し最優秀賞を受賞

株式会社第一興商
 株式会社第一興商のグループ会社である株式会社湘南第一興商(以下、湘南第一興商)は、昨年6月に神奈川県立秦野総合高校(以下、秦野総合高校)の公開授業でDKエルダーシステム*1を使用した音楽健康セッションを実施しました。  そして、昨年12月に開催された神奈川県高等学校総合学科教育研究会主催「総合学科フェスタ」において、湘南第一興商に所属する音楽健康指導士*2の指導のもと、同校の生徒が音楽健康セッションを披露した結果、最優秀賞を受賞しましたのでお知らせします。


 2008年に開校した秦野総合高校は、総合学校ならではの豊富な選択科目を有しています。そのひとつである “生涯スポーツマネジメント”では、市民が参加する体育イベントの運営サポートなどを生徒が体験学習してきた実績があります。

 湘南第一興商は、昨年6月に音楽健康指導士を同校へ派遣し、一部生徒を対象にDKエルダーシステムを使用した音楽健康セッションを実施しました。参加した生徒から大変好評を博したことから、規模を拡大した公開授業を行ったところ、音楽健康セッションの実演方法について生徒が自主的に学ぶようになりました。

 そして、昨年12月に開催された神奈川県高等学校総合学科教育研究会主催「総合学科フェスタ2019」において、同校から出場した2年生の2名が、「地域を元気にするフェスティバルの企画・運営」というテーマのもと、DKエルダーシステムのコンテンツである【脳トレーニング】や【パタカラ体操】などで音楽健康セッションを実演しました。来場者のほとんどが実際に体を動かすなどして会場は大いに盛り上がり、その結果、参加10校の中から見事最優秀賞を獲得しました。

 秦野総合高校では、DKエルダーシステムを活用した学習プログラムを引き続き継続し、単位認定の1つに加えることを目標としています。また、他校とも連携して、「うたと音楽」を使った健康づくりを学ぶ機会を創出していきます。

 当社グループは、福祉人材の確保に向けた取り組みのひとつとして、教育機関におけるDKエルダーシステムの活用を推進することで、学生が介護や福祉について知るきっかけを作ってまいります。


*1. 音楽を使う、体を使う、目で観るといったプログラムの提供を通じて高齢者の心と体を元気にすることができる介護予防・健康増進コンテンツ配信システムです。「運動・口腔・認知」など、総合的な生活機能の維持・向上の効果が認められています。全国の高齢者向け施設などで25,000台以上が開局しています。(2020年1月末現在)

*2. 一般社団法人日本音楽健康協会が認定する安全で効果的な「音楽健康セッション」のプログラム作成および実践指導を行える資格です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会