美容・健康

ピップエレキバンシリーズ初!足裏用「ピップエレキバン(R)足裏バンド」が新登場

ピップ株式会社
女性のリラックスシーンに新提案!約2人に1人が悩んでいる「足裏のコリ・はり」を集中的にケア。2020年3月9日(月)より全国のドラッグストア・量販店などで販売開始


ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、磁気の力で血流を改善し、コリをほぐす磁気治療器「ピップエレキバン」シリーズから、初めて足裏に特化した「ピップエレキバン 足裏バンド」を2020年3月9日(月)より、全国のドラッグストア・量販店などで発売します。



開発の背景

◆ 女性の約半数が足裏にコリ・はりの悩みを抱えている!
20代から50代の女性400名に調査をした結果、約2人に1人が「足裏のコリ・はり」を感じていることが明らかになりました(図1)。
また、足裏に悩みを感じているにも関わらず、「何の対処もしていない」方は全体の約20%にも上り、ケアをしている方も、多くの人は「湿布薬で対処をしている」という現状が別の調査によって浮き彫りとなりました(図2)。
多くの女性が足裏に悩みを抱えている一方で、適切な対処法が分からず、症状を放置してしまっている様子がうかがえます。



◆ 自宅で足裏のコリ・はりをケアしたい女性が圧倒的多数
さらに、足裏のコリ・はりをケアしたいシーンとしては「就寝時間」や「自宅でリラックスしている時」が上位となる結果になりました(図3)。
帰宅後の落ち着いた時間に、人の目につかない場所でゆっくりと足裏をケアしたいと考えている方が多いことが分かります。

このような背景から、女性のリラックスシーンにおける新提案として、足裏のコリに着目。シリーズ初となる足裏ケアとして活用できる本製品を開発しました。

※ 図1.ピップ調べ(2019年3月) 20-50代女性 N=400 図2,3.ピップ調べ(2019年1月) 足裏コリ・はり有訴20-50代男女 N=202


製品特長

◆ 寝ている間に着けておくだけで、足裏のコリ・はりを手軽にケア。
“ググッとクッション”で歩くたび、土踏まずが気持ちいい!





磁気の力で血行改善し、コリをほぐします
※使用中イメージ図

ググッとクッションが気持ちいい!
・磁気の力
磁束密度130ミリテスラ※の磁気が、足裏の血行を改善し、つらいコリをほぐします。
※1個あたり
・ググッとクッション
磁石を3粒内蔵したクッションが足裏を刺激します。
・抗菌防臭・速乾
足裏の気になるにおいを防ぐ抗菌防臭※仕様。
速乾※性のある素材でムレを防ぎます。※足裏にあたる生地のみ。
・寝ている間ピッタリフィット
・水洗い可能で繰り返し使用OK


開発者の声

ピップエレキバンの開発に3年間携わる中で、日々お客様が抱える「身体のコリ」に向き合ってきました。近年、時代の変化に伴って生活スタイルが変化しており、コリの悩みやケアのニーズも変わってきています。
首や肩だけでなく、腰やお尻・足など、今まであまり意識されていなかった部位のコリに悩んでいる方の声も
多く耳にするようになってきました。なかでも、お客様の身体のコリ実態を調査していく過程で、「足裏」特に
「土踏まず」部分のコリに悩んでいる女性が一定数いらっしゃることを発見し、ヒールをはいているとピーンと
張っている感じがする…なんとなくだるい…等、悩んでいる様子を確認することができました。しかし、悩みを
感じていても足裏にシップを貼ってケアするだけだったり、誰かに見えるところでケアするのは恥ずかしいなどの
思いから何もしていない方も多くいらっしゃいます。私たちはその点に着目し、落ち着いた時間で人目につかない
就寝時・寝入り際に足裏のコリはりをケアできる商品の開発に取り組みました。
プロダクトチームと試作を繰り返し、使用調査を行ってきました。7割以上のお客様から使用したいとの声を
いただいております。足裏のコリにお悩みの方にぜひお試しいただき、お客様の健康的な生活の手助けになればと
考えています。

【製品概要】管理医療機器


※ピップエレキバンは、ピップ(株)の登録商標です。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社 お客様相談室 TEL:06-6945-4427 受付時間 10:00~17:00(土日祝日を除く)
ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップエレキバンブランドサイト https://www.elekiban.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会