広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ベータ遮断薬、高齢化による高血圧の有病率増加により市場拡大を見込む

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ベータ遮断薬の世界市場:2021-2028年」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月3日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058831-global-beta-blockers-market.html




ベータ遮断薬は、ベータアドレナリン遮断薬としても知られ、血圧を低下させます。
冠動脈のリズム異常(不整脈)、冠動脈不全、胸痛(狭心症)、冠動脈発作、片頭痛、特定の種類の震えを持つ人々の予防、対処、症状の改善に使用されています。

市場力学
老年人口における高血圧の有病率の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。
米国心臓病学会によると、高齢者は高血圧の有病率が最も高く、CV罹患率および死亡率(BP)のリスクが最も高いにもかかわらず、一般に高血圧の治療が十分に行われていません。

高血圧は、心血管疾患(CVD)の主要な修正可能な危険因子であり、その有病率と重症度は年齢とともに上昇します。米国のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)によると、高血圧は65歳以上の70%が罹患しています。高齢化が進むにつれて、この数字は増え続けると予測です。
2014年、米国人口の15%が65歳でしたが、2050年には20%に上昇するとされています。研究開発への莫大な投資、心血管疾患の高い有病率と発症率が、ベータ遮断薬の需要を高めており、そのため予測期間中に市場が牽引されると予想されます。

市場抑制要因

薬には、必要な効果だけでなく、好ましくない効果が生じることがあります。
ベータ遮断薬は心拍数を低下させますが、一方で低血圧に関連する症状(低血圧症)を誘発する可能性があります。さらに、胃のむかつき、吐き気、下痢や便秘なども含まれ、ベータ遮断薬を服用すると勃起不全を報告する人もいます。これらは血圧を下げる薬によく見られる副作用です。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058831-global-beta-blockers-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)