広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ポリメラーゼ連鎖反応市場、新興国における認識不足が課題

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ポリメラーゼ連鎖反応の世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058834-global-polymerase-chain-reaction-market.html




ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は、DNAセグメントのコピーを多数作成する分子診断法です。DNA配列の数百万のコピーを正確に生成するために、PCR装置が使用され、自律的かつ事前にプログラムされた操作で材料の温度を調節します。この技術は、病気の原因となる細菌を特定し培養することによって、結核、エイズ、感染症、ライム病などを検出します。そのため、遺伝学、バイオテクノロジー、分子生物学、医薬品開発、臨床診断など、ライフサイエンスの領域で幅広く応用されています。

市場力学
SARS-CoV-2検出のためのポリメラーゼ連鎖反応の進歩は、市場の成長を促進すると予想されます。
新型コロナウイルスSARS-CoV-2(別名:2019-nCoV)は、世界的に拡散を続けています。ウイルスを検出する最も一般的な方法は、リアルタイム逆転写-ポリメラーゼ連鎖反応(rRT-PCR)です。しかし、偽陰性および偽陽性の可能性があり、不正確な結論を導く可能性があるため、現在の手順を改善する必要があります。そこで、2つのウイルス遺伝子(RdRPとE)と1つのヒト遺伝子(RP)を同時に検出するマルチプレックスrRT-PCR診断法を開発しました。擬似ウイルスRNAとヒト標的mRNA配列を鋳型に、そのプロセスを検討し、14の臨床SARS-CoV-2陽性サンプルを用いて本方法を実現しました。この結果はCDC承認のセファイド社のXpert Xpress SARS-CoV-2診断システムの結果と一致します(100%)。

単一遺伝子ターゲティング手法とは異なり、今回のアプローチでは同一のPCR実験において2つのウイルス領域を増幅します。正確なSARS-CoV-2診断テストが開発され、1回の実行で96ウェルプレートに91のサンプルを採取することが可能になりました。この戦略により、SARS-CoV-2は迅速、確実、かつ簡便なrRT-PCR法を用いて診断できるようになりました。

抑制要因
MIQE(minimum information for publication of quantitative real-time PCR experiments)基準を実装したdPCR装置の高価格は、将来的に世界の企業にとって大きな課題となる可能性があります。新興国における認識不足、RT-PCR結果の正確性と適時性に関する懸念の高まり、非検証の自作テストの成長と償還の問題は、予測期間に市場が阻害される要因であると予想されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058834-global-polymerase-chain-reaction-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)