アパレル・ファッション 美容・健康

イオンのフェムテック「吸水サニタリーショーツ」新発売

イオン株式会社
女性従業員が企画・開発した、女性の悩みに寄り添うインナー

イオンは3月17日(木)、「イオン」「イオンスタイル」約370店舗※1にて、女性の悩みに寄り添うトップバリュのインナーシリーズ「トップバリュ ララキレイ」より「吸水サニタリーショーツ」3タイプ11種類を新たに発売します。また、イオンの公式通販「イオンスタイルオンライン」では3月7日(月)より予約受付を開始します。




2022年4月の女性活躍推進法改正により、今後さらに女性が生き生きと働ける環境づくりが求められます。こうしたなか、女性特有の健康課題の解決やサポートを行う「フェムテック※2」への注目が高まっています。

イオンは女性を含むすべての人々が活躍できる環境整備に努めており、現在では従業員の約7割が女性です。フェムテックへの取り組みにおいては2021年3月に、女性従業員が中心となり企画・開発した、トップバリュとして初めての「骨盤・骨盤底筋サポートショーツ」を、9月に「水分ケアショーツ」を発売しています。

このたび発売する「吸水サニタリーショーツ」は、ゆううつな期間のストレスを軽減するフェムテックの新商品で、洗って使えて環境配慮にもつながります。吸水性やフィット感などにこだわり、環境や生活シーンによってお好みで選べる3タイプが登場します。



3つのタイプの「トップバリュ ララキレイ 吸水サニタリーショーツ」



レギュラータイプ
吸水量:最大20cc




おなかすっぽりタイプ
吸水量:最大30cc



スポーティタイプ
吸水量:最大30cc



これからもイオンは、女性のお悩みに寄り添い、より快適な生活をサポートする商品の企画・開発に取り組んでまいります。

※1:北海道・本州・四国・九州の店舗
※2:「フェムテック」とは、「フィメール・テクノロジー(female technology)」の略で「女性が抱える健康問題をテクノロジー(技術)で解決するサービスやモノ」のこと。


【商品詳細】


吸水のしくみ

マチ部分に吸水パッドを取り付けています。吸水パッドは、肌側から順に水分を吸収し、すぐに乾かす速乾層、水分を溜める吸水層、ショーツ本体側に水分が染み出ないようにする防水層の3層構造です。

吸水パッドは両サイドを縫い付けず、ショーツ本体と分離した形をとることで空気が通りやすくなりムレを軽減するほか、お尻や脚の動きに合わせて吸水パッドが動くのでフィット感が高くなります。





タイプ別特長

レギュラータイプ
綿混素材で 肌当たりのやさしい風合いです。お尻部分にレースをあしらった普段使いしやすいデザインのショーツです。



吸水量:最大20cc
機 能:抗菌防臭
素材※3:綿55%、レーヨン40%、ポリウレタン5%
カラー:クロ、ピンク、ブルー、グレージュ


おなかすっぽりタイプ
レギュラータイプと同様に綿混素材でやさしい風合いの生地でおなかまですっぽり包みます。冷えが心配な方に向けた安心の丈感のショーツです。


吸水量:最大30cc
機 能:抗菌防臭
素材※3:綿55%、レーヨン40%、ポリウレタン5%
カラー:クロ、モカ、ピンク、ブルー


スポーティタイプ
両サイドがメッシュ素材になっており、汗をかきそうな日にも快適に過ごせるショーツです。


吸水量:最大30cc
機 能:吸汗速乾
素材※3:ナイロン75%、ポリウレタン25%
カラー:クロ、チャコールグレー、アオ

※3:吸水パッドを含まないショーツ本体素材の組成を指します。


【開発担当者からのメッセージ】
イオンリテール株式会社
衣料本部 インナー商品部 レディスインナーマーチャンダイザー
佐藤 理沙

女性のゆううつな期間のお悩みをサポートする商品を目指して、女性従業員が中心となり、1年かけて開発した商品です。延べ約50名の女性が試着を繰り返し、「漏れにくい、ムレにくい、薄い」を実現するために吸水パッドの改良を重ねました。座って長い時間を過ごす場合でも漏れにくいよう、前部分のマチを高めに設定しています。

【トップバリュ ララキレイ 吸水サニタリーショーツ 販売概要】
発売日:2022年3月17日(木)
販売店舗:「イオン」「イオンスタイル」約370店舗※1
WEB販売:「イオンスタイルオンライン」https://aeonretail.com/list/f-femtec/
種 類 数:3タイプ11種類
サ イ ズ:M~2XL
価格:本体1,280円(税込1,408円)
WEBサイト:https://www.topvalu.net/rakukireiinner/
※1:北海道・本州・四国・九州の店舗

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)