広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

血液および血液製品市場、2021~2028年に年率7%の高成長を見込む

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「血液および血液製品の世界市場:2021-2028年」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058840-global-blood-blood-products-market.html




血液および血液製品市場は、予測期間(2021-2028年)に年率7%の高成長が見込まれています。

全血や輸血用血液成分、血漿由来の医薬化合物など、ヒトの血液から得られるあらゆる治療用物質を血液製剤と呼びます。ヒトの血液や血漿の提供を受けて得られる医薬品(医療用治療物質)は、医療において重要な役割を担っています。
市場力学
出血性疾患の頻度増加や世界的な手術件数の増加は、血液および血液製品市場の成長を促進します。今後数年間は、肝硬変などの慢性疾患の影響を受けやすい高齢者人口が大幅に増加し、血液製剤の大きな需要が生まれると思われます。

また、血液および血液成分の市場は、外傷や交通事故の増加によって押されています。出血などの外傷により血液量は危険なレベルまで低下し、身体はすぐにそれを回復することができません。交通事故では体内から大量の血液が失われるため、すぐに血液を補う必要があります。血友病のように、血液の一部の成分が欠乏している場合もあります。これらの病気では、患者の体内に血液や血液成分を輸血することが必要になります。疾病の発生率の上昇や交通事故・外傷の増加などが血液の需要を高め、市場を牽引しています。

血液・血漿の需要が増加していることや、世界的な老年人口の増加が市場拡大の原動力となることが予想されます。さらに、血液や血漿の寄付が急増していることや、血液スクリーニングに関する政府の好ましい法律が、市場の前進を促しています。血液市場の成長を促進するもう一つの重要な要因は、輸血および血液スクリーニングツールの進歩です。不慮の事故の大幅な増加、血液疾患の頻度の高さ、高齢者人口の増加が、業界を前進させる要因となっています。

2020年2月に発表された世界保健機関の調査によると、世界では毎年約150万人が交通事故により死亡しています。毎年、交通事故による損害は国内総生産の3%以上です。車両事故以外では、スポーツ関連の事故が増加しています。Sarah Megginsonの記事によると、オーストラリアの成人の89%が毎年スポーツに参加しており、62%が週に3回以上参加しているそうです。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058840-global-blood-blood-products-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
【本件に関する報道関係者様からのお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
企業名:株式会社グローバルインフォメーション
部署名:マーケティング部 営業企画課
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-Mail:dbm@gii.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)