美容・健康 スポーツ・アウトドア

コードレスバイクBFU/BFRを発売!

セノー株式会社
-人生100年、自分らしく歳を重ねられる社会へ-

総合スポーツ器具メーカー「セノー株式会社」(本社:千葉県松戸市 代表取締役社長:山本泰広)は、「コードレスバイクBFU/BFR」を3月7日に発売しました。




Senohコードレスバイクの歴史
25年以上の研究と販売実績があるセノーのコードレスバイク。
1993年のカーディオバイクCB-Xから登場したセノーオリジナルの『脈拍コントロール技術』は、29年間、日々研究に取り組んできました。この技術は、その後のコードレスバイクVシリーズを経て、今回発売しましたBFシリーズに継承されています。


脈拍を用いたこだわりのトレーニング
「脈拍コントロール技術」では脈拍数から運動負荷を判断し、運動強度をコントロールすることで、効果的に心肺機能向上や減量などの目的に応じたトレーニングができます。つまり、脈拍を管理し運動強度を制御することで、目的にあった適切なトレーニングを行うことができます。
セノーはこの負荷を制御する技術にこだわりました。
脈拍を正しく測る技術※1、取得した脈拍を用い、使用者に適切な負荷がかかるように制御します。この技術が基盤となり、『体力測定』、『定脈拍数』がSenohオリジナルプログラムになります。
『体力測定』プログラムでは、脂肪燃焼時、体力向上時の目標脈拍数を知ることが出来ます。
『定脈拍数』プログラムでは、トレーニング中の脈拍の変化をリアルタイムに表示し、設定した目標脈拍数に応じてバイクの負荷を自動的にコントロールします。
『体力測定』プログラムを通して『定脈拍数』プログラムをすることで、目的に応じた効果的なトレーニングを提供できます。私たちの脈拍を用いたこだわりのトレーニング。ぜひご体験ください。

※1:測定される脈拍は目安です。

トレーニングゾーンを把握し、より効果的にトレーニング





トレーニング中の脈拍数を検出し、ウォームアップ・脂肪燃焼・体力向上、どのゾーンでトレーニングができているか、リアルタイムで確認できます。
 また、ゾーン別にバーの色が変化するため視認性が高まります。


人生100年、自分らしく歳を重ねられる社会へ



人生100年時代。健康志向の高まる現代社会において、私たちセノーグループでは長年の研究・実績を活かし、器具の提供を通じて、誰もが自分らしく歳を重ねられる社会を目指します。
セノーのコードレスバイクBFU/BFRを是非一度お試しください。






カラダ100年プロジェクトとは、人間のカラダを知り尽くしたMIZUNO / セノーグループのスポーツ科学から生みだされる独自のメソッドによって、生きるためのカラダを育て、人々の健康寿命をのばしていくための新しい取り組みです。
カラダ100年プロジェクトページ】 
https://www.senoh.jp/business/karada-100nen-project/

製品仕様



BG891000 コードレスバイクBFU
本体価格¥550,000(税込¥605,000)(台)※送料・組立別

●寸法:W600×L1270×H1450mm
●質量:73.5kg
●仕様:充電器・イヤーセンサー・ペダルストラップ付(各1個)






BG892000 コードレスバイクBFR
本体価格¥620,000(税込¥682,000)(台)※送料・組立別

●寸法:W640×L1540×H1250mm
●質量:82.5kg
●仕様:充電器・イヤーセンサー・ペダルストラップ付(各1個)


※価格には送料、工事費・組立費は含まれておりません。
※規格および仕様等は、改良のため予告なく変更することがあります。

セノー株式会社           https://www.senoh.jp/
コードレスバイクBFU/BFR製品ページ https://www.senoh.jp/pickup/cordless-bike-bfu-bfr/

【会社概要】
会社名:セノー株式会社
本社:千葉県松戸市松飛台250番地
創業:明治41年4月1日 創業113年
代表:代表取締役社長 山本 泰広
事業内容:体育施設機器・器具の開発・設計・施工・販売(競技スポーツ・フィットネス・福祉)施設サービス事業(体操、バレー、バスケ、バドミントンなど)/ 健康サービス事業 /メンテナンス事業 /海外事業
URL:https://www.senoh.jp/

【製品に関するお問い合わせ先】
製品やサービスに関するお問い合わせページ
https://www.senoh.jp/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)