広告・マーケティング パソコン

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場ーソフトウェアの導入別(クラウドおよびオンプレミス)、アプリケーション別(金融サービス、ヘルスケア、産業・製造、その他)、および地域別ー世界の予測2031年

SDKI Inc.
SDKI Inc.が「独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場ー世界の予測2022ー2031年」の新調査レポートを2022年03月07日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2031年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-110385


独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場は、2022年に約20,089億米ドルの市場価値から、2031年までに約53,406億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に13%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/independent-software-vendor-isv-market/922

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)は、エンドユーザーが使用するコンシューマーソフトウェアまたはエンタープライズソフトウェアを作成して提供する企業または個人です。ソフトウェアベンダーは、ソフトウェアを提供することを主な機能とする事業体です。独立系ソフトウェアベンダーは、新しいテクノロジーとソリューションを作成、提供、および促進することにより、ITセクターの主要なニーズの1つになりました。ISVで構築されたソフトウェア製品は、WindowsやLinuxなどのすべてのバックエンドプラットフォームで実行できます。いくつかのISVは、特定の業界向けのアプリケーションの構築に特化しています。これは、社内で使用するために設計された、または単一または特定のサードパーティ向けに変更された社内ソフトウェアまたはカスタマイズされたソフトウェアとは異なります。

エンドユーザーの間でのクラウドベースのソリューションの出現と採用の増加は、予測期間中に独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の成長を推進しています。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)は、今後数年間で、従来のオンプレミスソフトウェアライセンスモデルよりも牽引力を獲得すると予想される主要なクラウドコンピューティングモデルの1つです。独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場が力強い成長を示しているのは、柔軟で費用効果が高く、堅牢なクラウドコンピューティングソリューションを求める企業が増えているためです。これは、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)に新しい機会を生み出しています。ソフトウェアとサービスのビジネスアウトソーシングの拡大、および現代の消費者のトレンドによる新しいITソリューションの採用の必要性の高まりは、SaaSの成長を後押しすると予想されます。ISVは、クラウド対応およびクラウドネイティブのソリューションにより、スピード、俊敏性、スケーラビリティを向上させるというITおよび基幹業務の購入者の要求に応えています。したがって、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の成長を促進します。

さらに、マルチクラウドとハイブリッドクラウドの需要の増加は、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の成長に貢献しています。マルチクラウドおよびハイブリッドクラウドシステムの実装の増加は、企業がデータ常駐標準、施行および法律、低遅延、低コストなどの機能を採用するアプリケーションワークロードを実装するのに役立ちます。これは、モビリティが向上し、保護が強化され、ユーザーインターフェイスが強化され、ユビキタスアクセスが提供されます。したがって、マルチクラウドおよびハイブリッドクラウドの需要の増加は、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場に成長の機会を提供します。

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場セグメント

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場は、ソフトウェアの導入別(クラウドおよびオンプレミス)、アプリケーション別(金融サービス、ヘルスケア、産業・製造、公共部門・公益事業、小売、サービスプロバイダー、テレコム、メディア・エンターテインメント、教育、およびその他(ホスピタリティ、輸送など))、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、予測期間中に独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場を支配すると予想されます。これは、この地域の市場における独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の強力な存在に起因しています。米国は、国内にかなりの数の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)があるため、北米の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場をリードすると予想されます。一方、アジア太平洋地域の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場は、予測期間中、より高いCAGRで拡大すると予想されます。金融サービスやヘルスケアなどのさまざまなアプリケーションによるクラウドベースのソリューションの採用は、この地域の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の成長を推進しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

· アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)

· 北米(米国およびカナダ)

· 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

· ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

· ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の主要なキープレーヤー

独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場の主要なキープレーヤーには、Microsoft Corporation、Oracle Corporation.、IBM Corporation、Cisco Systems, Inc.、Hewlett Packard Company、Salesforce.com, Inc.、Google, LLC、Allscripts Healthcare Solutions Inc.、Apple Inc.、American Software, Inc.、Red Hat, Incなどがあります。この調査には、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110385

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)