広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

前立腺特異抗原 (PSA) 検査市場、2021年~2028年に年平均成長率4%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「前立腺特異抗原 (PSA) 検査の世界市場:2021-2028年」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058851-global-prostate-specific-antigen-testing-market.html





前立腺特異抗原 (PSA) 検査市場は、予測期間(2021年~2028年)に年平均成長率4%で成長すると予測されています。

前立腺特異抗原(PSA)は、前立腺上皮細胞からのみ分泌されるタンパク質であり、前立腺がんの貴重な腫瘍マーカーです。前立腺特異的な分子ではありませんが、血清中の上昇した存在は男性の前立腺癌のスクリーニングに使用されています。PSA値の上昇は、前立腺の炎症である前立腺炎や良性の前立腺過形成と関連しています。PSA検査は、直腸指診(DRE)とともに、無症状の男性に前立腺がんのスクリーニング検査を行うために使用されます。PSA検査は、前立腺がんの潜在的な症例を検出し、問題の本質を判断するために、臨床医や医療従事者の間で人気が高まっています。

市場力学
高齢者人口の増加により、前立腺特異抗原検査市場が成長しています。前立腺がん検診の利点に関する国民の意識の高まり、前立腺がんの検査と治療における技術の進歩、先進地域や発展途上地域における前立腺がん治療に対する償還政策が、市場の成長に影響を及ぼしています。

前立腺がんの有病率の増加が市場成長の原動力
前立腺特異抗原検査市場は、主に男性、特に50歳以上の男性の前立腺がんの罹患率が上昇していることによって牽引されています。前立腺がんの治療後は、PSA値を定期的にモニターする必要があります。
前立腺がんの診断に血清ベースのバイオマーカーを使用することで、PSA検査に対する需要が高まっています。PSA検査は、高度ながん特異的マーカーの配列と組み合わせることで、結果の精度と特異性が向上し、市場を後押ししています。
しかし、臨床的に重要でない前立腺癌の過剰診断と結果の誇張が、前立腺特異抗原検査の利用を妨げる大きな要因となっています。
先進国および発展途上国の保険償還政策では、50歳以上の男性に対して年1回のPSA検査が適用されています。米国などの先進国では、毎年のウェルネス保険の一環としてPSA検査が行われており、市場関係者にとって有望な機会を生み出すと予想されます。このことは、市場の成長に寄与しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058851-global-prostate-specific-antigen-testing-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)