医療・医薬・福祉

ニードルフリーインジェクションシステムの市場規模、2026年には2億7,200万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ニードルフリーインジェクションシステムの世界市場:技術(ジェット、スプリング、マイクロアレイパッチ)、製品(プレフィルド、充填可能)、薬剤タイプ(液体、粉末)、用途(ワクチン、皮膚科)、エンドユーザー(病院、在宅ケア) - 2026年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を3月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1059281-needle-free-injection-system-market-by-technology.html




ニードルフリーインジェクションシステムの市場規模は、2021年の1億2,400万米ドルからCAGR17.0%で成長し、2026年には2億7,200万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、技術の進歩、自己注射装置の需要の増加、慢性疾患の発生率の上昇によってもたらされています。老年人口の増加や慢性疾患の蔓延に伴い、患者数は大幅に増加しています。このため、針のない注射器の使用など、高度で効果的な治療方法に対する需要が高まっています。さらに、先進的な薬物送達技術の採用が世界中で進んでいることも、同市場の成長を後押ししています。一方、大量投与や静脈内投与システムによる制約が、市場の成長を抑制する要因となっています。

COVID-19ニードルフリーインジェクションシステム市場に与える影響

楽観的なシナリオでは、COVID-19の市場へのプラスの影響が想定することができます。各地域でCOVID-19患者が増加しているため、ニードルフリーインジェクションシステム市場の主要プレイヤーの多くが研究開発に投資し、その他の業界プレイヤーや政府機関とのパートナーシップや協定を締結しています。

現実的なシナリオでは、COVID-19がニードルフリーインジェクションシステム市場に及ぼすプラスの影響は、一過性のものである可能性が考えられます。ここでは、主要なアプリケーションセグメントであるワクチン接種が最もポジティブな影響を受けると予想されます。

牽引要因

世界的な感染症の流行

衛生面や医療面での大幅な改善にもかかわらず、世界的な感染症の流行は依然として高い水準にあり、公衆衛生上の大きな懸念事項となっています。米国アレルギー感染症研究所(NIAID)によると、毎年、感染症により1,500万人以上の命が奪われています。

慢性疾患の蔓延により、生物学的製剤(大型分子医薬品)の需要が大幅に増加しています。高分子医薬品の多くは注射剤で投与されます。

注射剤は、比較的迅速かつ安全な薬物送達方法であり、薬物の部位特異的送達、必要な薬物量の少なさ、入院期間の短縮、再現性の高さ、使いやすさなど、いくつかの利点と関連しています。過去数年間、注射剤の需要は大幅に増加している一方で、市場の成長を妨げる要因がまだいくつかあります。例えば、針刺し事故のリスクが高いことや、針刺し恐怖症のために患者が器具の使用を避ける傾向などが挙げられます。このため、企業は針のない注射システムの開発に力を注いでいます。

感染症や慢性疾患の蔓延が進むにつれ、ニードルフリーインジェクションシステムの需要と開発が増加しており、今後数年間は市場成長が促進されると考えられます。

針刺し事故による伝染病の発生率の増加

汚染された注射針による針刺し事故は、多くの医療従事者にとって大きな関心事となっています。針刺し事故は、健康と安全に対する最も深刻な脅威の一つです。

注射は、薬物の投与に用いられる最も一般的な器具の1つであり、そのため医療従事者は、偶発的に発生する針刺し損傷により血液感染性病原体にさらされる危険性が高くなります。CDCによると、毎年約38万5千人の医療従事者が誤って注射針を刺しているとのことです。針刺し事故は、医療従事者の間でB型肝炎、C型肝炎、ヒト免疫不全ウイルス(AIDS)などの感染症に感染する可能性があります。


自己注射器に対する需要の高まり

自己注射は、侵襲的な薬物送達技術に比べ、比較的短時間で薬物を送達することができ、再現性に優れています。また、薬物投与量を減らすことができるため、特に高齢者において患者のコンプライアンスを向上させることができます。

生物学的製剤の多くは注射によって投与されますが、注射針を刺す危険性が伴います。この課題を克服するため、製薬会社は、より患者に優しいニードルフリーインジェクションシステムや、自己投与型投薬デバイスの組み合わせ製品を開発しています。ジェットインジェクターなどの針なし注射器は、より便利で効果的であり、患者のコンプライアンスを向上させ、入院期間や医療費全体を削減し、在宅医療の現場でも簡単に使用することができます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1059281-needle-free-injection-system-market-by-technology.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)