広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ウイルスベクターワクチン市場、2021年~2028年に年平均成長率14%で推移予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ウイルスベクターワクチンの世界市場:2021-2028年」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058865-global-viral-vector-vaccines-market.html





ウイルスベクターワクチン市場は、予測期間(2021年~2028年)に年平均成長率14%で推移すると予測されています。

ウイルスベクターワクチンは、生きたウイルスを用いてDNAをヒトの細胞内に運び込むものです。ウイルスに含まれるDNAは抗原をコード化し、感染したヒトの細胞で発現すると、免疫反応を引き起こします。

市場力学
世界のウイルスベクターワクチン市場の成長は、遺伝性疾患、癌、感染症の有病率の上昇、ウイルスベクターを用いた臨床研究の増加、遺伝子治療開発のための資金の確保、新規ドラッグデリバリーアプローチへの応用可能性などに牽引されています。

遺伝性疾患、癌、感染症の有病率上昇に伴う企業の投資増加により、予測期間中の成長が期待されています。

また、遺伝性疾患や感染症が増加しています。UNAIDS統計によると、2019年には世界で3,800万人がHIVと共存し、170万人が新たにHIVに感染しています。同資料では、2020年6月末時点で2,600万人が抗レトロウイルス療法にアクセスしています。また、組換えウイルスベクターは、ウイルス無効化配列をコードする配列の高効率キャリアです。通常、特定のウイルス感染症の治療に適用するためには、適切なウイルスベクターを選択し、適合させる必要があります。ウイルスベクターワクチンの開発には、官民ともに大きな取り組みが行われてきました。
多くの企業が製造活動のための能力拡張に投資しています。実際に、2020年11月、受託製造企業のバイロギクスは、1億5,000万米ドルを投じて、米国ボストン近郊に11万平方フィートの施設を建設する計画を発表しました。この施設では、臨床および商業段階のオンコリティックウイルスとウイルスベクターを製造する予定です。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058865-global-viral-vector-vaccines-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)