美容・健康 広告・マーケティング

【男性の81.4%が肌ケアの必要性を自覚】男性美容メディアBiDANが「男性の美意識」に関する意識調査を実施

株式会社クラフィルジャパン
~多くの男性が「顔についてマイナスの悩み」を感じている~

株式会社クラフィルジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮下 晴光)が運営する日本最大級の男性美容メディア「BiDAN」は、BiDAN男性美容コンテスト第二弾「メイク男子のミスターコンテスト」開催に伴い、10代~50代以上の男性194人を対象に「男性の美意識に関する調査」を実施。約8割の男性が肌ケアの必要性を自覚していることが判明


報道関係各位
2019年3月15日
株式会社クラフィルジャパン


【URL】https://www.healthy-style.jp/

調査結果トピックス


8割の男性が、肌ケアの必要性を自覚していることが判明。
メイクをすることについて約2割の男性が「興味がある」と回答。また7割の男性が「男性が美意識を持つのは良いこと」と考えていることが判明。
美意識に関する質問において「美意識が高いのはいいこと」というポジティブな意見が大半を占めたが、「自分で毎日するのは大変そう」「お金がかかりそう」と、否定はしないが実施には至らないという意見も見られた。はだ


【自分の肌を気にする男性の割合についての調査結果】


7割以上の男性が肌の状態で気にしたり、悩んだことがあると回答した。

【肌トラブルを改善したいと考える男性の割合と年齢別の回答/その理由】

8割以上の男性が、積極的に肌トラブルを改善したいと考えることが分かった。

10代~40代を中心に半数以上が肌トラブルについて積極的に改善したいと回答した。
<10代の意見>


肌が汚いとモテないから(改善したいと回答)
不潔だと思われるから(改善したいと回答)
もともとニキビなどの肌トラブルが少ない(いいえと回答)
ニキビが出来たことがないし、肌もあれない(いいえと回答)

<20代の意見>


肌荒れしていると会話のとき自分に自信が持てなくなる(改善したいと回答)
第一印象が悪くなる(改善したいと回答)
自然になおるから(いいえと回答)
どうでもよい(いいえと回答)

<30代の意見>


肌が綺麗な方がかっこいいと思うから(改善したいと回答)
人相手の仕事なので(改善したいと回答)
老けたと感じるのが嫌だから(改善したいと回答)
いい年齢だし気にしない(いいえと回答)
直したってもともとルックス悪いし金がかかる(いいえと回答)

<40代の意見>


肌が綺麗な方がかっこいいと思うから(改善したいと回答)
老けたと感じるのが嫌だから(改善したいと回答)
肌荒れを実感したことはありません(いいえと回答)
昔ならともかく今は面倒なだけ(いいえと回答)

<50代の意見>


乾燥肌で粉をふくときがあるから(改善したいと回答)
跡が残ってしまうから(改善したいと回答)
特に困っていない(いいえと回答)
もう年だから(いいえと回答)


10代~30代においては、特に肌トラブルを積極的に「改善したい」と回答する割合が多かったが、その多くは「周りからどのように見られるか」という視点による回答が大半を占めた。30代においては職場環境を意識した意見が多かった。なお、年齢層が上がるにつれて、「気にしなくなった」「あきらめている」といった意見が多くなり「跡が残る」「乾燥肌」のような深刻な悩みを持つ人は、50代でも改善したいと考えていることが分かった。

【普段から肌のケアをしている人の割合】

普段から肌ケアをしていると回答した人は約6割という結果だった。

【どこまで丁寧な肌ケアに取り組んでいるのかについての調査】


肌ケアの方法で「化粧水をつける」と回答したのは23.2%。「化粧水と乳液をつける」と回答したのは20.6%。「洗顔料にこだわっている」のは11.3%。少数派としては、「顔パック」「皮膚科の処方箋」もあった。


【男性目線の「肌ケアを行う男性に対して」の印象について調査】


「ケアするのは当たり前」と回答したのは37.1%、「自分もケアしようと思う」と回答したのは26.8%、「偉いと思うが自分はやろうと思わない」と回答したのは35.1%。肌のケアを行う同性に対し、肯定的な意見は99%、反対はわずか1%という結果となった。大多数の男性は同性の肌ケアについて賛成であることが判明。
<肯定的な理由>


男性でも美意識が高いことはいい事だと思うから
今の時代常識だと思う
ケアをして清潔感を保つ。相手に不快感を与えないように。
男女関係なくケアは大事だと思うからです
ケアしている人とそうじゃない人の差はあると思う
自然体のままで若さは保てない


【メイクアイテムで肌の悩みを隠すことへの意見】


「肌トラブルを隠すメイクアイテムを使ってみたいか」という質問に対して「強くそう思う」「そう思う」と回答した肯定派40.2%に対し、「そう思わない」「強くそう思わない」と回答した否定派が59.8%と、否定派が上回る結果となった。否定派の中にはアイテムのことがよくわからないから使用をためらう層も見られた。
<使ってみたい理由>


肌のトラブルを隠せるのは魅力的に感じる
隠したいほどのものができたら使うのもありだと思う
改善されるなら心に余裕が持てそうだから

<否定的な意見の理由>


自分自身にそのような知識がないため
きれいに見えるのであれば使いたいが、逆に肌荒れ等を起こさないか心配
そういうのは値段が高そう

見た目を変えたいという願望についての調査】



「自分の顔をよくしたいという思いがあるか」という質問には、50%があると回答し、半数に分かれた。肌トラブルに限らず、2人に1人の男性が自身の見た目について良くしたいと望んでいることが判明。
<賛成の理由>


自分の顔に自信がない
やはり整った顔がいいから
髭が濃いので脱毛したい

<反対の理由>


お金がかかりそうだから
生まれもった素材はそのまま生かしたいから
維持やその他の部分とのバランスに不安がある


【よりよくなるためにメイクすることの意見】


すでにメイクをしているのは2.6%ながら、興味はあると答えたのは17%。興味がないと答えたのが多数ながらも、化粧に興味を持っている男性も存在している。
<賛成の理由>


メイクの仕方が分かればやってみたい
男性のメイクについて質問できる人がいたら相談してやってみたい
自然な感じでキレイにみせたい

<反対の理由>


メイクは女性の為のものだと思っている
どのような店で買えばよいのかわからない。商品購入に抵抗がある
周りの目が気になる


【調査概要】
調査名: 男性の美意識に関する調査
調査対象:10~50代以上の男性 194人
調査期間:2019年 3月度
調査方法: WEBアンケート
調査会社: http://clafill.so-good.jp/
=====対象者:属性詳細=====
10代~50代以上の男性
[年代内訳]
10代(n=13)6.7%
20代(n=85)43.8%
30代(n=50)25.8%
40代(n=33)17%
50代以上(n=13)6.7%
======================
【株式会社クラフィルジャパンについて】
商号 : 株式会社クラフィルジャパン
所在地 : 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-12北参道ダイヤモンドパレス208号室
代表 : 代表取締役 宮下 晴光
事業内容: メディア事業、マーケティング事業、美容商社事業
URL : http://clafill.so-good.jp/
twitter :https://twitter.com/bidan_official
男性美容メディアBiDAN: https://www.healthy-style.jp/
BiDAN姉妹サイトBiJO : https://biyo-bijo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会