広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

獣医用超音波装置市場、2021~2028年に年平均成長率8.2%へ到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「獣医用超音波装置の世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058859-global-veterinary-ultrasound-market.html





獣医用超音波装置市場は、予測期間(2021-2028年)に年平均成長率8.2%へ到達すると予測されています。
獣医用超音波装置では、1.5~15メガヘルツ(MHz)の超音波が使用され、スキャンされる組織や臓器から反射されるエコーのパターンに基づいて、身体構造の画像を作成するのに役立ちます。

市場力学
超音波診断装置の技術的進歩が市場成長の原動力となる予想です。
超音波画像処理は、音波を生体組織に照射して組織の画像を作成します。ドップラーベースのモードでは、血液などの動く組織の速度を測定するために使用されます。これらのダイナミックなリアルタイム画像を解析することで、対象臓器の定量的な構造・機能情報を得ることができます。この汎用性の高い非侵襲的な診断ツールは、人間や動物医療に広く利用され、受け入れられています。発展途上の超音波生体顕微鏡は、さらに高い空間分解能を持ち、発育中のマウス胚の評価やマウス胚への部位特異的な注射のガイドに使用されています。また、超音波後方散乱顕微鏡や高または超高周波超音波イメージングと呼ばれています。

これらのシステムでは、一般的に30~100MHzの周波数で動作する単一要素の機械的トランスデューサを使用しています。UBMは、2次元Bモード、パルスドップラ、連続波ドップラ、カラーフロードップラを用いて画像を取得することができます。造影画像や経食道用に調整された血管内超音波トランスデューサなど、その他の超音波画像技術もラットやマウスで利用されています。このように、市場の牽引役となることが予想されます。

抑制要因
機器や処置のコストが高いことや熟練者の不足などが、予測期間中に市場が阻害されると予想されるいくつかの要因です。例えば、腹部超音波検査は250ドルから500ドルの費用がかかります。心臓専門医、腫瘍専門医、放射線専門医は、動物の体のセクションごとに500ドルからサービスを開始しました。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058859-global-veterinary-ultrasound-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)