医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

子どもをもつがん患者向けコミュニティ、がん患者向け調査サービス『キャンサーベイ』をリリース

一般社団法人キャンサーペアレンツ
~キャンサーペアレンツが医療系調査会社メディリード社との共同で、幅広い調査ニーズに対応~

一般社団法人キャンサーペアレンツ(代表理事:西口洋平、URL:https://cancer-parents.org)は、株式会社メディリード(本社:東京都新宿区、代表取締役:亀井晋、URL:https://www.medi-l.com/)と共同で、がん患者向けの調査サービス『キャンサーベイ』をリリースいたしました。


『キャンサーベイ』について


子どもをもつがん患者のためのコミュニティサービス「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~(https://cancer-parents.com)」は、2016年4月のローンチ以来、子育て世代や働く世代のがん患者の“声”を社会へ発信し、がんになっても子育てしやすい、働きやすい、生きやすい社会を目指して活動をしてきました。

ローンチから約3年が経過し、会員数は全国に約3,000名、会員の平均年齢は約43歳と、これまでに類を見ない子育て世代のがん患者の大規模コミュニティとなりました。

今後、より広くがん患者の “声” を社会へ発信するために、調査を通じてたくさんの方々の意見を集めるべく、医療領域のリサーチに強みを持つメディリード社とともに、がん患者向け調査サービス『キャンサーベイ』をリリースすることになりました。

がん患者さんにとって、自身の意見で社会が変わるきっかけを作れることは、患者さんの「生きるチカラ」につながっていくと確信しています。また、調査元の企業や団体などから回答への謝礼金をお渡しすることにより、子育てや治療、それに伴う収入減少などを少しでもサポートできるのではないかとも考えています。

※設問数10問までで、50万円(税別)から
※参加者への謝礼金は別となります。詳細については、下記【お問い合わせ先】までお願いします。
※「キャンサーベイ」は、cancer(がん)とsurvey(調査)をかけ合わせた造語です。

「キャンサーペアレンツ」について
2015年2月、代表の西口は「ステージ4の胆管がん」の告知を受けました。5年相対生存率は2.9%(全国がんセンター協議会の生存率共同調査)であり、自身の予後への不安はもちろんある中、大きな悩みとなったのは、当時6歳だった娘のことでした。「がんであることを伝えたほうがいいのか」「どのように伝えればいいのか」「死とは何かを、どう説明すればいいのか」ということで悩んだものの、周囲に相談できる同世代のがん体験者はおらず、孤独感を抱えることになりました。

しかし、国立がん研究センターが発表したデータでは、18歳未満の子どもをもつがん患者は毎年新たに56,143人。「悩んでいるのは自分だけじゃない」そう感じて、2016年4月、子どもをもつがん患者のためのコミュニティサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げました。インターネット上での交流はもちろん、各地でオフ会を実施したり、会員が自らでプロジェクトを立ち上げ、絵本製作(「ママのバレッタ」生活の医療社)をするなど、活動の幅は広がっています。

【一般社団法人キャンサーペアレンツについて】
代表者:代表理事 西口洋平
所在地:東京都中央区京橋1丁目1番5号
設立:2016年9月21日
主な事業:こどもをもつがん患者コミュニティ「キャンサーペアレンツ」の企画・運営
URL:https://cancer-parents.org

【株式会社メディリードについて】
代表者:代表取締役 亀井晋
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設立:2015年4月1日
主な事業:医療関連領域の調査業務
URL:https://www.medi-l.com/

【本リリースに関するお問合せ先】
一般社団法人キャンサーペアレンツ 担当:高橋、西口
Email:info@cancer-parents.com
HP:https://cancer-parents.org
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会