広告・マーケティング 美容・健康

エステル交換油市場、食品加工セグメントが最大のシェアを占める

株式会社グローバルインフォメーション



株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「エステル交換油の世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月7日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/dmin1031287-global-interesterified-oils-market.html
エステル交換油は、栄養や食感を向上させるために酵素的または化学的に変化させたものです。チョコレートに含まれ、比較的安全な飽和脂肪酸とされるステアリン酸と、不飽和脂肪酸を含む植物油を混合して製造されます。脂肪酸配列の再編成のため、化学反応で構成される脂肪酸を変化させることで生成される油です。したがって、油の腐敗が進み、融点が低下、脂肪酸の含有量が少なくなり、機能性が高くなります。エステル交換油は、主に食品産業においてベーキングやフライヤーとして利用され、心臓病患者の健康に良いとされています。

市場動向
エステル交換油は、バターとオイルのブレンド、主にマーガリンの製造に広く利用されています。パーソナルケアおよび食品産業におけるエステル交換油の大規模な採用は、需要を促進する重要な要因です。現在、消費者は食品の製造に利用される成分について、より高い関心を寄せています。製造に必要な温度が低いため比較的安価で、油の品質が保たれ、油の損失も少なくなります。エステル交換油の質的および経済的利点の両方は、予測期間にわたって世界市場の主要な駆動要因と考えられています。それとともに、多様な原料を使用して製品の品質と安定性を維持し、製品の最終価格の変動を防止する食品を製造するのに適した原料です。したがって、エステル交換油の需要は、食品産業において急速に増加しています。

最終用途別では、2020年に食品加工セグメントが最大の市場シェアを占め、予測期間中も市場を支配すると予測されます。これは、食品加工メーカーが最終製品あたりのエステル化油脂の必要量は少ないが、最終製品の総売上高が大きいことに起因しています。そのため、食品加工業界からのエステル化油脂の年間調達量は、他の分野に比べて多くなっています。しかし、ベーカリー・製菓分野は、コスト効率の良い原料であるため、エステル交換油の使用が増加しており、予測期間内に最も急成長する分野となることが予想されます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1031287-global-interesterified-oils-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)