広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ラジオイムノアッセイ市場、2021~2028年に年平均成長率4%の高成長を見込む

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ラジオイムノアッセイの世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058835-global-radioimmunoassay-market.html




ラジオイムノアッセイ市場は予測期間(2021-2028年)に年平均成長率4%の高成長が見込まれます。

ラジオイムノアッセイ(RIA)は、血液中の抗原濃度を測定するために最も頻繁に使用される体外測定技術の1つです。抗体と抗原の結合の特異性を利用して混合物からタンパク質を分離し、放射能を利用して定量することをRIAと呼びます。抗体の場合、感度が高く、微量のホルモンや薬剤を定量することが可能です。
市場動向
ハイスループットなラジオイムノアッセイを実現する新しいラボオンチップ・プラットフォームの開発が、市場の成長を牽引すると期待されています。

ラジオイムノアッセイ(RIA)は極めて特異的で高感度な免疫測定法ですが、長い培養時間と放射性廃棄物の発生がRIAの使用を制限しています。このようなRIAのデメリットを補完するために ラボオンチップ(LOC)プラットフォームを用いた先進のRIA、それがμ-RIAです。RIA用マイクロ流体チップは、表面修飾、免疫反応時間、洗浄など、μ-RIA分析の手順を最適化しました。最適化された条件に基づき、市販のRIAキットを用いてμ-RIAプラットフォームでラジオイムノアッセイを実施。μ-RIAでは、5分程度で十分な分析が可能です。従来のRIAと比較して、試薬の消費量が大幅に削減されています。さらに、標準曲線から未知検体中に存在する抗原量を定量的に評価することが可能であることがわかります。したがって、上記の記述から、予測期間において市場の牽引役となることが期待されます。

制約事項
ラジオイムノアッセイの設置やメンテナンスのコスト、システムを監視する熟練した専門家の不足、厳しい規制当局の承認、アッセイにおける危険性、放射性物質、継続的な技術の進歩により、ELISA(酵素結合免疫吸着法)やCLIA(臨床検査情報分析)(化学発光免疫測定法)など、RIAに代わる優れた代替法を示すブレークスルーもあるため、予測期間中の市場の阻害要因として予想されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058835-global-radioimmunoassay-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
【本件に関する報道関係者様からのお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
企業名:株式会社グローバルインフォメーション
部署名:マーケティング部 営業企画課
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-Mail:dbm@gii.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)