広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

局所鎮痛剤市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「局所鎮痛剤市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を3月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1046239-topical-pain-relief-market-global-industry-trends.html




市場の概要
世界の局所鎮痛剤市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。
局所鎮痛剤は、一般に液体、ゲル、粉末、クリーム、半固体、乳液、パッチ、フォーム、エアロゾルの形態で提供されています。これらは、歪み、捻挫、腱鞘炎、筋肉痛、変形性関節症などの場合に、痛みや炎症のある部位やその周辺に塗布されます。徐々に血液中に入り、一定期間、血中濃度を比較的一定に保つことができます。現在、世界中の製薬会社は、局所鎮痛剤の効果を低下させることなく、患者に合わせた治療を提供するための新しい薬物投与経路の開発に注力しています。

市場動向
糖尿病性神経障害、関節炎、多発性硬化症、線維筋痛症、帯状疱疹などによる慢性疼痛の増加は、全世界で局所鎮痛剤の需要を拡大する重要な要因の一つとなっています。また、スポーツに参加する人の数が増加していることも、世界の局所鎮痛剤市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、がん患者の増加により、Eコマースプラットフォームを通じた局所鎮痛剤の売上が増加しています。加えて、大手製薬会社は、がん患者の痛みを緩和するための局所的な鎮痛剤を導入しています。さらに、製薬会社は、治療を簡略化し、副作用を軽減する薬の開発にも注力しています。このため、高齢者や小児、他の投与経路に耐えられない患者など、局所鎮痛剤の用途が広がると予想されます。

主要な市場区分
世界の局所鎮痛剤市場は、治療クラス、剤形、タイプ、流通チャネルに基づいて分類されています。

治療クラス別の市場区分
・非オピオイド
・オピオイド

剤形別の市場区分
・クリーム
・ゲル
・スプレー
・パッチ
・その他

タイプ別の市場区分
・処方箋による鎮痛剤
・一般用医薬品(OTC)鎮痛剤

流通チャネル別の市場区分
・薬局・ドラッグストア
・小売店
・オンラインストア

市場の競合状況
世界の局所鎮痛剤市場における主要な企業としては、Advacare Pharma、Exzell Pharma Inc.、Glaxosmithkline Plc、Johnson & Johnson、Novartis AG、Pfizer Inc、Reckitt Benckiser Group Plc、Sanofi S.A、Sun Pharmaceutical Industries Limited、Topical Biomedics Inc.などが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1046239-topical-pain-relief-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)