広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

幻覚剤市場、2021~2028年に年平均成長率13%で推移予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「幻覚剤の世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1058863-global-psychedelic-drugs-market.html




幻覚剤市場は、予測期間(2021-2028年)に年平均成長率13%で推移すると予測されています。
精神活性物質の一種である幻覚剤は、うつ病、ストレス、不安などの精神疾患の治療に用いられています。幻覚剤の投与により、知覚、気分、認知プロセスに変化が生じます。

市場力学
幻覚剤市場の世界的な成長は、メンタルヘルスに対する意識の高まり、新規治療法の探求における研究開発の急速な拡大によってもたらされています。

啓発活動の活発化と精神疾患の有病率の増加により、市場の拡大が見込まれます。
世界的に人々の間でメンタルヘルスの問題が増加しており、2021年に発表された世界保健機関(WHO)の報告書によると、メンタルヘルスの障害は世界人口の13%に影響を及ぼしているとされています。また、同報告書では、メンタルヘルス疾患は5年に1人の障害を引き起こしているとされています。このような厳しい状況が、人々をメンタルヘルス疾患の治療へと向かわせています。さらに、いくつかの団体が啓発キャンペーンを展開し、精神障害の治療のために幻覚剤を増やすことにつながりました。例えば、2021年、国際サッカー連盟(FIFA)は、精神疾患の症状についての認識を高め、より良い精神衛生の維持のための行動を起こすためのキャンペーン「リーチ」を開始しました。

精神的なうつ病、不安、ストレスの有病率の高まりと適応外薬の入手可能性が、幻覚剤市場の需要を推進しました。国立精神衛生研究所によると、2020年、米国では、18~25歳の若年層と30歳前後の成人が、治療を必要とする重度の精神障害に罹患していることが記録されています。また、2021年のLancet Public health誌に掲載された統計によると、人口の6.4%がうつ病などの精神疾患に苦しんでいるとのことです。これらの精神疾患患者の高い有病率は、市場を成長させる機会をもたらしました。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058863-global-psychedelic-drugs-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)