広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

アジア太平洋癌検診市場ースクリーニングタイプ別;製品別;アプリケーション別;およびエンドユーザー別(病院および診療所、研究所、その他)-需要分析および機会の見通し2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート[アジア太平洋癌検診市場:需要の分析及び機会展望2030年」を2022年3月 1日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10352360


アジア太平洋癌検診市場は、2022年に46,462.2百万米ドルの市場価値から2030年末までに142542.43百万米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に13.37%のCAGRで拡大すると予測されます。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/asia-pacific-cancer-screening-market/10352360

市場の成長は、主にこの地域での癌(世界保健機関(WHO)の統計によると、2020年の950万から2040年の1510万に成長すると予想されています)の発生率の上昇に起因する可能性があります。WHOによると、癌は主要な死因の1つであり、2020年には581万人の命を奪っています。この地域での癌症例の急増、および病気による死亡者数の増加に対する懸念の高まりにより、病気の早期診断と治療の必要性が高まっています。これは、今後数年間で市場の成長に貢献すると予測されています。

さらに、アジア太平洋地域で成長している医療産業、および地域での医療費の増加も、今後数年間で市場の成長を促進すると予想されます。世界銀行の統計によると、東アジア太平洋地域の一人当たりの現在の医療費は、2010年の478.291米ドル(現在の米ドル)から2018年には720.909米ドルに増加しました。さらに、病気の検査に使用されるスクリーニング装置や試薬を含むスクリーニング技術の進歩も、今後数年間で市場の成長のための多くの機会を生み出すと予測されています。

中国の市場は、2020年の17376.75百万米ドルの収益から、2030年末までに62861.21百万米ドルの最大の収益を獲得すると予想されています。国内の市場の成長は、主に多数の癌患者の存在と、病気の早期診断のための高度なスクリーニング装置の開発に精力的に取り組んでいる多くの研究機関の存在に起因する可能性があります。WHOによる他の統計では、中国の癌の発生率は2020年に457万人を記録し、さらに2040年末までに685万人に達すると予測されています。一方、日本の市場は、2020年の6926.11百万米ドルから、2030年末までに2,4374.76百万米ドルの2番目に大きな収益を生み出すと予測されています。

成長ドライバー


癌の発生率の増加
アジア太平洋地域での医療セクターの開発

アジア太平洋癌検診市場におけるキープレイヤー

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。アジア太平洋癌検診市場における業界のリーダーは、Abbott, General Electric, Hologic, Inc., Siemens Healthcare Private Limited, QIAGEN, F. Hoffmann-La Roche Ltd., Illumina, Inc., Novacyt Group, Koninklijke Philips N.V., MiRXES Pte Ltd.などです。

レポートの主なハイライト


市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

アジア太平洋癌検診市場のセグメンテーション

アジア太平洋癌検診市場は、スクリーニングタイプ別(検査室検査、遺伝子検査、画像診断、生検、内視鏡検査、その他);製品別(消耗品、および機器);アプリケーション別(肺癌、乳癌、腎臓癌、結腸直腸癌、胃癌、黒色腫、その他);およびエンドユーザー別(病院および診療所、研究所、その他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10352360

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)