医療・医薬・福祉 美容・健康

【コロナ治療薬】半数以上が「副作用」と「体への安全性」を不安だと思っている

日本トレンドリサーチ
日本トレンドリサーチ・新型コロナ治療薬に関する調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、「新型コロナ治療薬に関するアンケート」を実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。



■新型コロナの治療薬に期待することは?
新型コロナワクチンの3回目接種や、5~11歳の子どもへのワクチン接種が始まりました。

厚労省によると、軽症の場合は経過観察のみであったり、解熱薬などの対症療法で軽快することも多いそうです。
しかし、軽症でも重症化リスクがある場合は、中等症の治療で使用する中和抗体薬や抗ウイルス薬を使うようです。

感染収束が見えてこない新型コロナに対して、治療薬の実用化は急務となっています。
塩野義製薬は、2月末に新型コロナ治療薬の販売へ向けた申請を厚労省にしました。
国内初の新型コロナ向け治療薬となるのでしょうか?

今回は、全国の男女計720名を対象に「新型コロナ治療薬に関するアンケート」を実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/13094/)へのリンク設置
・株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

「新型コロナ治療薬に関するアンケート」調査概要
調査期間:2022年3月3日~3月7日
質問内容:
質問1:どのような治療薬を使いたいですか?[複数回答可]
質問2:具体的に教えてください。
質問3:その治療薬を選んだ理由を教えてください。
質問4:「コロナ治療薬」に期待することはありますか?[複数選択可]
質問5:具体的に教えてください。
質問6:「コロナ治療薬」で不安なことはありますか?[複数選択可]
質問7:具体的に教えてください。
集計対象人数:720名(30代以下・40代・50代・60代以上 各年代 男女各90名)

調査対象者:男女
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

■新型コロナの治療薬、8割の方が「飲み薬」を使いたい
初めに、新型コロナに感染した場合に、どのような治療薬を使いたいか聞きました。

複数回答可で回答していただいたところ、「飲み薬」が最も多く、79.4%でした。
「注射」や「点滴」を選んだ方が25%ほどで、「薬は使いたくない」と回答した方も9.9%いました。

それぞれの回答の理由を聞いたので、一部を紹介します。

「飲み薬」回答理由


手軽だから。(30代・女性)
注射や点滴は怖いから。(10代・男性)
なんとなく、点滴よりも薬を飲むほうが楽だと思うから。(60代・男性)
飲み薬は簡単で痛くないから。(10代・女性)
注射や点滴は病院でないと難しいが、薬なら自宅で治療可能。(70代・女性)
飲み薬で治すことができれば体への負担が少なく、自宅で療養できるから。(50代・女性)
従来のインフルエンザの治療と同じなら安心できると思ったから。(40代・女性)
体への負担が少ないと思うから。(50代・男性)
副反応が少なそうだから。(40代・男性)
効果が一番ありそうだからです。(30代・男性)


「注射」回答理由


早く効きそう。(30代・男性)
効果がありそうだから。(20代・女性)
即効性がありそうだから。(40代・男性)
時間短縮で簡単そうだから選びました。(40代・女性)
効果が強そうだから。(50代・男性)


「点滴」回答理由


素早く効きそうだから。(50代・女性)
効果が高そうだから。(30代・女性)
じっくり治せそうだから。(40代・男性)
副作用が少なそうだから。(50代・男性)


「薬は使いたくない」回答理由


安全性が不確かなので。(40代・男性)
薬は少し怖いから。(10代・女性)
薬の効果がよく分からない。(60代・男性)
不安だから。(30代・女性)
短期的な効果は期待できても長期的な影響の不安は払拭されないから。(10代・男性)
副作用や後遺症が心配。(50代・男性)
病院嫌いだから。(40代・女性)
アレルギー体質なので。(20代・女性)
気合と根性で何とかしたい。(30代・男性)
自分自身の治癒力で治したい。薬には頼りたくない。(50代・女性)
なるべく余計なものを体内に入れたくないから。(50代・女性)


「その他」回答理由


どれがいいのかしっかり調べたりしていないから判断がつかない。(60代・女性)
何が良いのか分からないから。(50代・男性)


複数の選択肢を選んだ方の理由で多かったのが、「効果があればどれでもいい」「医師に任せる」といったものでした。

半数以上がコロナ治療薬の「副作用」と「体への安全性」を不安だと思っている
「コロナ治療薬」に期待することについて聞きました。

最も多かったのが「新型コロナ感染症の治療効果」でした。

年代別に集計するとこのようになりました。

「期待することはない」と回答した方の割合は、全体では6.8%でしたが、30代以下では16.1%でした。
50代・60代以上と比べると、14ポイントほどの差がありました。

続いて「コロナ治療薬」で不安なことについても聞きました。

73.5%の方がコロナ治療薬で不安なこととして「副作用」を選びました。
「体への安全性」と回答した方も55.6%で、効果を期待する一方で安全性を不安視する方が多いようです。

■まとめ
今回は、「コロナ治療薬」に関するアンケートを行いました。

治療薬について聞いたところ、自宅で気軽に使用できるという理由から「飲み薬」を使いたいと思っている方が多いようです。
安全性への不安などから「薬を使いたくない」と回答した方も9.9%いました。

「コロナ治療薬」に期待することについては、「新型コロナ感染症への治療効果」「重症化の予防」といった即時的な効果に期待する方が6割を超えた一方、「期待することはない」と回答した方も6.8%いました。
特に30代以下では「期待することはない」と回答した方の割合が他の年代より高く、16.1%でした。

現在、国では新型コロナ治療薬の開発を行う企業への支援事業を行っています。
安全かつ効果的な治療薬の開発と普及が待たれます。

本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。
https://trend-research.jp/13094/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/13094/)へのリンク設置
・運営元である株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

【日本トレンドリサーチについて】
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)