広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

細胞培養の市場規模、2026年に413億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「細胞培養の世界市場 - 2026年までの予測:製品別 (消耗品 (培地、血清、試薬、容器) 、装置 (バイオリアクター、遠心分離機、インキュベーター)) 、用途別 (ワクチン、mAb、診断薬、組織工学) 、エンドユーザー別」(MarketsandMarkets)の販売を3月8日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1059777-cell-culture-market-by-product-consumables-media.html




細胞培養の市場規模は、2021年の228億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2026年には413億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、細胞ベースのワクチンの利点に関する意識の高まり、モノクローナル抗体(mAbs)の需要の増加、細胞ベースの研究への資金提供、シングルユース技術への嗜好の高まり、高度な細胞培養製品の発売、個別化医療への注目の高まりが主な要因となっています。一方、細胞生物学研究にかかるコストの高さが、市場の成長を制限しています。

COVID-19が細胞培養市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、多くの主要な製薬会社やバイオテクノロジー企業は、COVID-19用ワクチンや抗ウイルス薬の承認を受けているか、もしくは、開発・製造途中にあります。細胞培養は医薬品の開発・製造に不可欠な要素であり、細胞培養製品の需要が高まっています。

細胞培養に基づくウイルスワクチンは、ヒトの感染症に対する免疫として世界的に使用されています。現在、SARS-CoV-2ウイルスの培養には、研究目的で哺乳類細胞株が使用されています。バイオプロダクションでは、薬効が期待できる治療薬を製造するために、制御された環境条件下で培養するのに必要な栄養分と構成細胞を提供するのが培地です。細胞培養用培地、試薬、機器などの細胞培養製品は、細胞の挙動調査やワクチン開発に役立てることができます。

細胞培養技術の利用により、ワクチンの研究開発プロセスのスピードアップが期待されます。インドのCSIR-Centre for Cellular and Molecular Biology (CCMB) は、患者のサンプルからSARS-CoV-2の安定した培養を確立しました。培養されたSARS-CoV-2の潜在的な用途は、ワクチン製造、抗体または抗ドート、抗体のテスト、薬剤のスクリーニングなどがあります。

細胞培養は、ウイルスワクチンを安全に製造するための基質を開発する継続的なプロセスです。コロナウイルスの蔓延を抑制・撲滅するための新規ワクチンに対する需要の高まりと厳しい安全規則により、研究者とメーカーは細胞培養ベースのワクチン開発を余儀なくされています。この開発により、2020年から2021年にかけて、細胞培養製品の需要が大幅に増加しました。

牽引要因:細胞ベースワクチンに関する認知度の向上

人口の増加、気候変動、人と動物の接触の増加により、新たなウイルス発生の脅威が高まっています。例えば、インフルエンザやCOVID-19は、予測不可能な事象が繰り返し発生し、経済的・社会的に大きな負担となることが証明されています。2022年2月4日現在、WHOによって、571万人の死亡者を含む3億8,655万人のCOVID-19の患者が確認されています。感染症の発生率の増加やパンデミックのリスクの高まりは、世界的なワクチン需要を促進すると予想されます。製薬業界では、ワクチン製造において細胞培養が重要な位置を占めるようになりました。細胞培養技術は、ロタウイルス、ポリオ、天然痘、肝炎、風疹、水痘のワクチン製造に利用されています。細胞ベースのインフルエンザワクチンは、米国や多くの欧州諸国で使用が承認されています。細胞培養ベースワクチンの利点に対する認知度の向上と、細胞培養ベースワクチンが承認されたことが、今後の細胞培養市場の成長を支える要因となっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1059777-cell-culture-market-by-product-consumables-media.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)