食品・飲料 流通

白砂糖・小麦粉・添加物不使用の和洋菓子『Sonoyama』千葉そごうに期間限定で初出店!

株式会社アナザーカンパニー
食作家・園山真希絵プロデュース『Sonoyama』と『丸三老舗』『小麦の奴隷』『herb Works38』がコラボした和洋菓子などを、3月15日(火)~3月31日(木) そごう千葉店、地下1F洋菓子フロアにて期間限定で販売! 同時にオンラインショップでも限定販売!



『Sonoyama』について



Sonoyamaは、株式会社アナザーカンパニー(所在:東京都渋谷区、代表:菅沼伸朗)が展開する「本当に美味しい、体も喜ぶ」をテーマに白砂糖・小麦粉は不使用、美味しくて体想いの”ファストスローフード”を提案していくオリジナルブランドです。

(公式オンラインショップ) https://shop.makiesonoyama.com/



実店舗では本邦初!

これまでオンラインショップのみで販売でしたが、初めて店頭販売をするにあたり、新たに3つのコラボ商品を販売いたします。

Sonoyama × 丸三老舗コラボ 餡とら巻(こし餡、いちご餡、チョコ餡)




創業文政5年から190年に渡り伝統の技と味を守ってきた老舗菓匠「丸三老舗」と食作家園山真希絵が共同で米粉のロールケーキを完成させました。

丸三老舗伝統の技法で練り上げた自家製こし餡、春先に旬を迎える茨城県産いちご「やよいひめ」のいちご餡、ポリフェノールたっぷりなカカオマスのチョコ餡の3種類。

新潟県産米粉・北海道産小豆・鹿児島県産素焚糖といった日本各地の食材を使用し、生地には発酵食品の塩こうじを加えしっとり・ふんわり食感に仕上げました。

和菓子とも洋菓子ともいえる上品な味わいで、お子様からお年寄りまで美味しくお召し上がりいただけます。


Sonoyama × 小麦の奴隷コラボ バスクあんチーズケーキ



ザクッと食感が決め手のカレーパンで一大旋風を巻き起こした「小麦の奴隷」の新作スイーツ『とろ生バスクチーズケーキ』と、Sonoyamaオリジナル”白砂糖不使用つぶあんを”融合させた濃厚なバスクチーズケーキです。

ベース生地には、北海道産フレッシュクリームチーズを贅沢に使用。白砂糖の代わりに、角がなくマイルドで素朴な甘さが特徴の「素焚糖」を加えています。湯煎にかけながらオーブンでじっくりと焼き上げることで、外にはしっかり焦げ目を、中はしっとり滑らかな半生に仕上げました。

しっとり濃厚なのに、軽やかでなめらかな至極の口溶けをお楽しみいただけます。
”とろ生”感を演出するために「小麦の奴隷」の新商品でありながら”小麦粉不使用”の衝撃の逸品です。


Sonoyama × herbworks38 わごころ米粉クッキー


宮城県多賀城や塩釜を中心に、食育の分野や米粉マイスター・ローフードマイスターとして活躍するherbworks38さんと共同開発した米粉クッキーです。

Sonoyamaオリジナルの島根県産漢方栽培米の米ぬか、新潟県産の米粉をはじめとするこだわりの食材が使用された4種類のクッキーをぎゅっと詰め合わせました。

1.「三陸アルガソルトとピュアココア」クッキー
2.「岩手椿茶&甜茶と宇治抹茶」クッキー
3.「熊本むくな豆と宮城古代米」クッキー
4.「徳島藍と宮城古代米」クッキー

・原材料一例
新潟産米粉 、宮城県産古代米米粉 、宮城県産塩竈市の藻塩 、北海道産片栗粉 、北海道産甜菜糖 、京都府産宇治抹茶 、有機アーモンドパウダー 、有機メープル 、有機ココナッツオイル 、有機ココアパウダーetc

小麦粉・白砂糖・添加物は不使用で、さらに、乳製品・卵・動物性油脂・保存料・着色料も不使用ですので、美容や健康に気遣う方はもちろん、老若男女問わず安心して召し上がりいただけます。




出店詳細



2022年3月15日(火)~3月31日(木)
そごう千葉店 B1F 洋菓子売り場


<アクセス>
千葉県千葉市中央区新町1000番地

JR線・千葉都市モノレール「千葉駅」より徒歩2分
京成電鉄「京成千葉駅」より徒歩すぐ



園山真希絵プロフィール
1978 年1月5日生まれ。 島根県出雲市出身。
高校卒業時に「食」に目覚め、当時苦しんでいた肥満・ニキビ・アトピーを克服。食べながら約30キロのダイエットと体質改善に成功。以後、食べる量はフードファイター並みだが、リバウンドは一切なし。
食作家と紹介制飲食店「恵比寿そのやま」店主の傍ら、雑誌やTV 出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター、全国各地の親善大使も務める。数々の試練や苦悩を経験してきたことから、正義の味方となり、食を通して、良縁を結び、 世の中に笑顔をもたらすことを使命としている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)