医療・医薬・福祉

トリプルネガティブ乳がんの抗体医薬開発に取り組む弊社は、三菱UFJキャピタル及び大阪大学ベンチャーキャピタル(OUVC)より追加投資400百万円を受けました。

ペリオセラピア株式会社
今回の投資を用いてGLP安全性試験、治験薬製造による治験準備と並行して、コンパニオン診断薬の完成と2ndパイプラインの開発を進める計画です。

ペリオセラピアは、2022年3月9日に三菱UFJキャピタル及び大阪大学ベンチャーキャピタル(OUVC)より追加投資400百万円を受けました。


弊社は、当時大阪大学医学部臨床遺伝子治療学講座兼老年・総合内科准教授(現招聘教授)であった谷山氏が2017年10月に設立した阪大発の創薬ベンチャーです。細胞外マトリックスタンパク質として心臓弁形成や創傷治癒等に関与しているペリオスチンにおいて、病的なペリオスチン変異体(以下「病的ペリオスチン」)が乳がん、糖尿病性網膜症、心筋梗塞など様々な難治性疾患に関与することを解明し、それらをターゲットとして医薬品の開発に取り組んでいます。
 特に、同社は乳がんの中でも治療が難しい「トリプルネガティブ乳がん(TNBC)」に病的ペリオスチンが強く関与していることに着目し、TNBCを第一適応症に選定して抗体医薬品の開発を進めています。
TNBCは若年の女性が罹患しやすく、また5年生存率が5割以下という悪性度の高さから、新規治療薬の早期開発が望まれています。
 また、治療薬と併せてコンパニオン診断薬の開発にも取り組んでおり、開発する治療薬の治験成功確率の向上(病的ペリオスチン高発現患者の確認)及び、効率的なパイプライン拡充(候補疾患と病的ペリオスチンとの相関データ活用)を目指しています。
弊社は、今回のシリーズCで調達した400百万円(累計調達金額:1,090百万)をもとに、GLP安全性試験、治験薬製造による治験準備と並行して、コンパニオン診断薬の完成と2ndパイプラインの開発を進める計画です。    弊社の事業は、乳がんを初めとする様々な難治性疾患に苦しむ患者を一人でも多く救うことを目指すものであり、社会に少しでも貢献できるよう社員一同取り組んでいく所存です。引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)