食品・飲料 美容・健康

コーヒー豆をアップデート。活きるトータルケアに効果的な【WHY COFFEE】がオンラインショップで予約開始。発売記念イベントが銀座NewsPicksNewCafeで開催決定!

有限会社エヌアール
~コーヒー豆の『トリプル成分』を手軽に摂取出来る稀少な”飲食素材”【O CHER オーカー】を使ったナチュラルケアパウダー~

有限会社エヌアール(本社:三重県伊勢市)は、2022年3月10日より「WHY COFFEE」をECショップにて予約販売を開始いたします。 WHY COFFEEは、「ぼんやり思考をスッキリさせたい」「体をベースからケアしたい」「スタイルアップを目指したい」方にぴったりの成分を含有したナチュラルケアパウダーです。 【URL】https://whycoffeestore.com/







■商品発売イベント

コーヒー豆をアップデート。
コーヒー豆を使用した白いカレー?!や、O CHERの特別試食会・試飲会を実施。
対談イベントには、Signal株式会社代表取締役 加藤拓磨氏と薬膳料理研究家ヤマグチヒロ氏が登場。

[イベント概要]
■日時:2022年3月24日(木)
11:30受付開始 / 12:00 START / 14:00 CLOSE
■事前予約/参加費 4,000円(税込)
■予約限定30名様
■会場:東急プラザ銀座 7 階 NewsPicksNewCafe
※日程を変更する場合がございます。お問い合わせください。(070-3765-9571)

■予約フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfppYu912-Gg_I2R5WjTaeq0qc62N5GmVjq6AgRpcFHP4aHxw/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0


■WHY COFFEEの特徴

★手軽さ
NATURALな健康成分を、”飲む”、”食べる”という日々の中で手軽に添加出来る、スティックタイプのパウダーです。
★汎用性
ほとんど味の無い特性を活かし、日常の飲料に、日々の食卓のスープに、汎用性の高いパウダーです。
★こだわり
コーヒー豆研究所を運営するSignal株式会社の研究開発品【O CHER/オーカー】を、WHY COFFEEとしてデザインアウト。

WHY COFFEEは、美容面、活力面、思考面を兼ね備えたオールinワン素材として期待されます。



■WHY COFFEEおすすめの活用方法

・ペットボトルドリンクに入れて 仕事の合間のENERGY補給に

・ヨガやワークアウトの脂肪燃焼アップのおともに


・スープやカレー、パンに混ぜて健康メニューづくりに


■コーヒー豆研究所が7年の研究を重ね誕生した「O CHER/オーカー」とは

O CHER/オーカーとはコーヒー豆の『トリプル成分』を手軽に摂取出来る稀少な”飲食素材”です。

1 [クロロゲン酸] 食生活を整える美容成分!!
<ポリフェノールの1種であり、整腸作用や全身の保水作用に期待される成分>

2 [カフェイン] 日常のやる気を促す活力成分!!
<トップアスリートのパフォーマンス向上に期待される成分>

3 [トリゴネリン] 記憶力低下を予防する思考成分!!
<コーヒー豆特有の成分であり、認知症予防としても期待される成分>

・コーヒー豆原産地 タイの奥地「⻩金の三角地帯」で採れた農薬不使用豆のみを使用。
・コーヒー豆研究者『加藤 拓磨/Kato Takuma』 名古屋大学(食品機能化学研究室)と共同研究中

シグナルロゴ、動画 QR(https://youtu.be/a8cUACwVjzo)
Signal 株式会社 QR(https://lab-signal.com)



■コーヒー豆の活用法を研究開発する「Signal株式会社」

Signal株式会社では、世界的規模を誇る原料「コーヒー豆」に着目し、嗜好品として飲まれる「コーヒー」という加工だけでは無く、幅広い活用素材として見出すことを目的として研究開発が行われています。
https://lab-signal.com


Signal株式会社 代表取締役 加藤拓磨

2012年に北タイ少数山岳民族「アカ族」と親族関係となり、コーヒー豆と出会う。その後、コーヒー豆の新たな可能性を追究する研究開発や、焙煎研究を進め、2020年に9月にSignal株式会社およびLab Signalを設立。
常識に捉われない自由な発想から、各種メディアでの紹介や愛知県より補助研究として認可されるなど、注目を集める。また、2020年より名古屋大学(食品機能性科学研究室)と共同研究中。


■WHY COFFEEのART WORKを手掛けたのは「色」をこよなく愛する画家MOMOCO

ART WORK=画家MOMOKO

白にも黒にもなれる新しいコーヒー豆のあり方。
WHY COFFEEと出会いで私の中に思い描いたアートを具現化したデザインになります。
食べられる真っ白のオーガニック絵の具にWHY COFFEEを混ぜて暖かいコーヒーを混ぜたアート。
流れる液体はまるで生きているかのように躍動的ないうねりをみせる。
その中でも1番好きな一部を切り取りロゴに入れ込みました。(MOMOCO)

【ARTIST MOMOCO】
10年間、大手アパレルブランドでファッションデザイナーとして勤務。
2016年にTOMORROWLANDを退社。本格的に画家としての活動を開始。
2017年にラスベガスで毎年おこなわれる世界最大規模の展示会「MAGIC」にて女性ライブペインターとして招待され巨大なアートをライブで作成した。

デザイナーとして経験した色のバランスを活かし作品には常に新しいトレンドや流行色を取り入れ進化し続けるアートを目指している。
枠にとらわれないタッチは、壁画、パッケージデザイン、ライブペイントなど様々な形で表現されている。
中でも、躍動感のあるアートにもかかわらず服をいっさい汚さず短時間で巨大な壁画をアートで埋め尽くすライブペイントは見るひとの心をひきつける。国内外問わず、精力的にアートと向き合い発信を続けている。

・2014年表参道「ラザーニャラザーニャ」壁画作成。
・2015年渋谷「BAR7312」壁画作成。
・2016年ハーブティーブランド健茶薬醍醐パッケージデザイン
・2017年恵比寿「VILLA DEL SOL]壁画作成
・2017年腰越グラピングビーチ壁画作成。
・2017年渋谷「BAR S」壁画作成。
・2018年恵比寿「東京おでんラブストーリー」壁画作成。
・2018年恵比寿「オーシャンブルーバード」壁画作成。
・2018年ウイスキーブランド「シーバス」のイベントにてライブペイント。
・2018Goog|e pixel3発売にてGoogleが選ぶ日本人アーティスト9人に選ばれる
・2019年3月ザ・プリンスギャラリーにて4カ所インフィオラータデザイン担当
・2019年3月ザ・プリンスギャラリーにて4カ所インフィオラータデザイン担当
・2019年4月キスマイいアルバム「FREE HAGS」発売記念ライブペイント
・2019年横浜BAYQUARTERにて巨大インフィオラータデザイン担当
・2019年5月表参道ヒルズ 「impefect」ライブペイント
・2019年9月元宝塚トップスター鳳木かなめの舞台で7Mのライブペイントを毎公演成功させる
・2019年10月群馬県庁で開催される群馬とベトナムの交流祭にてライブペイント
・2019年11月BSフジ「ブレイク前夜」出演
・2020年1月OPENホテルWBF新大阪スカイタワーにてアートディレクション担当
・2021年3月GINZA SIX巨大花作成


■WHY COFFEE商品概要

発売日    3月28日(月)
予約受付開始 3月10日(木)
価格     3,080円(税込)/ 1g×15本入

ご購入はこちら  https://whycoffeestore.com/

名称:コーヒー豆エキスパウダー
原材料名:コーヒー豆(タイ産)/ デンプン分解
内容量 :1g × 15 本
賞味期限 :2023年1月10日
保管方法 :高温多湿を避け保管ください

販売者 :有限会社エヌアール 三重県伊勢市宮川 1-4-8 0596-25-8759
加工所 :株式会社テクノパック 静岡県袋井市新池 1393-1
栄養成分表示 1 本中
エネルギー :3.69kcal
タンパク質 :0.1g
脂質 : 0.005g
炭水化物 : 0.8g
食塩相当量 : 0.00032g
ポリフェノール : 116mg

【会社概要】
会社名:有限会社エヌアール
所在地:三重県伊勢市宮川町1-4-8
代表者:岡山裕成
URL:https://nipponrising.com/
事業内容:有限会社エヌアールは「produce&management⇒activity」を合言葉に、 心・技・体の各要素において魅力的なコンテンツを、プロデュースするだけでなく マネジメントし、継続した活動を通して文化形成することが目標の produce&management companyです。
全国的な地域連携を可能にするリレーションシップを得意とし、コンテンツ同士の 組み合わせも活用しながら、形成した文化の促進・拡大を図ります。 社名であるNRには「NIPPON RISING」の意味が込められており、 日本のもつ魅力の価値向上に努めていきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)