スポーツ・アウトドア 美容・健康

【商品情報】持久系スポーツ用エネルギードリンク”ACTIVIKE グランフォンドウォーター”を紹介します。

(同)ACTIVIKE
合同会社ACTIVIKE(代表;西谷亮 事業所所在地;東京都稲城市矢野口853-1)は自転車、ランニング、トライアスロン等持久系スポーツ愛好家の普段のアクティビティを支えるためのドリンク粉末の"グランフォンドウォーター"をリリースします。すでに多くの自転車の愛好家の方々にはご愛用いただいており、今後は種目の垣根を超えて展開してまいります。


【”走り続けよう、いつまでも”商品にかけた想い】



合同会社ACTIVIKEは持久系アスリートの皆様に、生涯スポーツを楽しむことで健康でいて欲しいという想いで事業に取り組んでいます。

サイクリングやランニングを長く楽しむためには、体のケアが必要不可欠です。

ハンガーノック等の不調を防ぎアクティビティの質を高めるためには、こまめに適切な栄養補給をする必要があります。また、素早い回復を図るためにも適切な栄養補給が必須です。

こうした”体の内側”のケアは、十分な栄養の知識があればサプリメントに頼る必要はありません。

しかし、”本当に必要な栄養”を普段の食事から必要分確保するのは、時間や労力のコストがとても掛かります。

そうした手間を皆様から無くし、”毎回のアクティビティそのものを存分に楽しむ”ための製品がGOLDEN RATIOシリーズです。


【なぜ”持久系スポーツに特化”しているのか】

合同会社ACTIVIKEのコアメンバーは元医療従事者(理学療法士、薬剤師)で構成されています。

医療現場で働く中で感じたことは”病気になる前にできることがあるのではないか”ということです。

持久系スポーツは生活習慣病等の予防のために有効です。

体のケアをしながらアクティビティを行うことで長くスポーツを楽しむことができ、それが”生涯健康”に繋がると確信しています。

我々はGOLDEN RATIOを通して、生涯スポーツのサポートをしていきます。


【長時間のアクティビティ用のエネルギードリンク粉末"グランフォンドウォーター"】






ハンガーノックのリスクを軽減するべく、パラチノースとブドウ糖をバランス良く配合
長時間の運動に必要なミネラルを理想的なバランスで配合しトイレの回数を減らすとともに足攣りリスクを軽減
食品添加物一切不使用



自転車でのロングライドや2時間を超える長距離のレースで使用するエネルギードリンクです。
補給食の代わりになるドリンクになります。

長時間のアクティビティでは補給を適切に取ることが大事な一方で、ライド時間が長引けば長引くほど固形物を取り続けることも難しくなってきます。

そんなときはこの「グランフォンドウォーター」を使うことで、走るために必要なエネルギーを水分と一緒に摂取することができます。


【商品の特徴1.持続性の高いエネルギー源により長く運動を行うことができる】

本製品の最大の特徴は持続性の高いエネルギーであるパラチノース(R)が入っていることです。

パラチノース(R)とはゆっくり吸収される糖質のことを言います。

通常のブドウ糖などと異なり、違い体内への吸収速度が遅いため、血糖値が急上昇しません。ゆっくり吸収されることで、長い走行時間中もエネルギーに変わります。


【商品の特徴2.持久系スポーツのためにミネラルを理想的なバランスで配合している】

もう一つの特徴は、長時間走る上で必要なミネラルを配合していることです。

ナトリウム、カルシウム、マグネシウムを配合することで、足つりのリスクを軽減します。
一方、同じミネラル分であっても頻繁にトイレに行きたくなってしまう原因となるカリウムは使用していません。

長時間のライドでは補給を適切に取ることが大事な一方で、ライド時間が長引けば長引くほど固形物を取り続けることも難しくなってきます。

そんなときはこの「グランフォンドウォーター」を使うことで、走るために必要なエネルギーを水分と一緒に摂取することができます。


【プロテインとのお得なセット販売実施中】

グランフォンドウォーターは現在、ACTIVIKEのオンラインストアにて販売中です。

単品販売のみならず、リカバリープロテインのセット販売も行っています。

ライド中~ライド後まで、自転車に必要な栄養素をこのセットでまかなうことができます。

ECサイト;https://activike.thebase.in/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)