企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

ONE COMPATH、「健康経営優良法人2022」に認定

株式会社ONE COMPATH
自社アプリ「aruku&」を活用したウォーキングイベントや、ワークライフバランス向上のための環境整備などに取り組み、初認定

凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼、以下ONE COMPATH)は、2022年3月9日、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2022(大規模企業部門)」に認定されました。当社が「健康経営優良法人認定制度」で認定されたのは初めてです。



健康経営優良法人認定制度について
健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を日本健康会議が認定する制度です。

■当社における健康経営の考え方
当社は、ミッションである「暮らしに新しい文化を創る」を果たすため、企業ビジョンに「ワンマイル・イノベーション・カンパニー」を掲げ、日々の暮らしや身近な人など身の回りの“ワンマイル”に寄り添うことを大切にしています。この考えのもと、従業員にも寄り添い、従業員が心身ともに健康でいられるよう、健康づくりや働きやすい環境づくりの取り組みを積極的に進めています。

当社における健康経営の主な取り組み事例
自社アプリ「aruku&」を活用した社内ウォーキングイベントの開催
 自社開発のウォーキングアプリ「aruku&」を社内でも積極的に活用し、日常的にウォーキングすることを推奨しています。また、新型コロナウイルス感染症予防の観点からテレワーク推進企業が増えたことを背景として、当社だけでなく外部企業の健康課題解決にも貢献できるよう、無料で参加できる企業対抗ウォーキングイベント「1day3000」を不定期で開催しています。これまでに6回開催し、直近の2月開催時には168社6,577名が参加しました。

)ワークライフバランス向上のための環境整備
従業員がワークライフバランスを大切にできるよう、フレックスタイム制度や時差出勤制度、任意のタイミングで取得できる豊富な有給休暇制度などを設けています。なお、当社の企業ビジョンに基づいた、ワンマイル(身近な人や暮らし)を大切にするための有給休暇制度「ワンマイル休暇」の2021年度の取得率は8割以上(3月10日現在)で、年度末(3月31日)にはほぼ100%となる見込みです。

社内コミュニケーション活性化への様々な取り組み
・社内サークル制度
 従業員は自由にサークルを立ち上げることができ、テニスサークルや日本酒サークル、南米音楽研究会など18のサークルがあります。参加は自由で、活動に参加すると一定の費用補助を受けることができます。
・オンライン交流制度
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴って新設された、オンライン飲み会やオンラインお茶会などを推奨する制度です。実施することで一定の費用補助を受けることができます。
・社内SNSコミュニケーションアプリの活用
 社内SNSツールSlackは役員・従業員の100%が使用し、これまでに450件を超えるチャンネルが作成されるなど積極的に活用されています。また、Slack上で雑談を促すコミュニケーションアプリ「Colla」(株式会社トラックレコード)を導入し、日々のコミュニケーション活性化に役立てています。

(4)健康に配慮した食事環境の整備
オフィスで月替りのパンやスープを楽しむことができるサービス「パンフォーユーオフィス」(株式会社パンフォーユー)を導入しています。健康に配慮した食事を手軽にとることができる環境を整備し、従業員の健康を食事の面でもサポートしています。

)そのほかの取り組み
・健康診断受診率100%
・健康促進セミナーの実施
・産業医、看護師への健康に関する相談窓口を設置
・ストレスマネジメントへの取り組み

※1 「株式会社ONE COMPATH」について
地図検索サービス「Mapion」、電子チラシサービス「Shufoo!」などデジタルメディアの運営を中心に事業展開する凸版印刷株式会社のグループ会社。2019年4月1日、株式会社マピオンから社名を変更しました。「Mapion」「Shufoo!」のほか、ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」、家事代行比較サービス「カジドレ」、サイクルコンパスアプリ「U-ROUTE(ユールート)」等を運営しています。
URL: https://onecompath.com/

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)