その他 医療・医薬・福祉

目の見えない人は「コロナ下でどんなことに困っているの?」

公益財団法人 アイメイト協会
思いやりのあるやさしい心を育む「アイメイト・こどもサイト」の新コンテンツ

公益財団法人アイメイト協会(代表理事:塩屋隆男)は、2020年7月に開設した人気のウェブサイト「もうどう犬」を知ろう! ~アイメイト・こどもサイト~(https://www.eyemate.org/kids/)に、3月10日(木)より新コンテンツを追加しました。(対象年齢:小学校5年生以上)



新コンテンツ『コロナ下でもうどう犬の使用者さんは、どんなことにこまっているの?』の主な内容

新コンテンツのタイトルは、「コロナ下でもうどう犬の使用者さんは、どんなことにこまっているの?」。新型コロナウイルス感染症の広がりによって、目の見えない人の暮らしにどんな変化があったのか、現役のアイメイト(盲導犬)使用者たちに対談形式で伺いました。かわいいイラスト付きで、誰もがわかりやすい内容となっています。目の見えない人の声を知ることで、身近にできるサポートについて一緒に考えていただければと思います。



〇困っていることの例

クルマや人通りが少なくなり、信号の判断が難しい時がある。
窓からの音で、電車のアナウンスが聞きとりづらい時がある。
距離をとって並ぶ時、前の人が進んでもわからない時がある。

※画面イメージは、使用するデバイスや環境によって異なります。


アイメイト・こどもサイトとは?

「アイメイト・こどもサイト」(https://www.eyemate.org/kids/)は、ご家庭や教育現場で楽しみながら、アイメイト(盲導犬)に関する正しい知識を学習できるよう制作したものです(2020年7月31日開設)。さらに、アイメイト(盲導犬)に関する内容だけでなく、アイメイト使用者や視覚障害者が感じる「不便さ」や「不自由さ」についても紹介しています。大人と一緒に深く考えることで、子どもたちに思いやりのあるやさしい心が育まれることを願っています。(対象年齢:小学校5年生以上)


日本の盲導犬事業の始まりは1957年夏のことでした

練馬区関町にあるアイメイト協会は、国産盲導犬第1号のチャンピイを育成した塩屋賢一が創設。1957年に、国産盲導犬第1号ペア(河相洌さんとチャンピイ)を送り出し、2022年に65周年を迎えます。

アイメイト協会は、アイメイト(盲導犬)育成や視覚障害者への歩行指導を通じて視覚障害者の自立支援を行い、社会参加を促進しています。これまで、アイメイト協会が送り出したペアは延べ1,420組(2022年2月5日現在、使用者とアイメイトのペアを1組と数えます)。

アイメイト協会出身の犬は、「盲導犬」ではなく「アイメイト」と呼んでいます。アイメイト歩行は、十分に歩行指導を受けた視覚障害者の指示を受け、人と犬とが協同で安全な移動を実現します。その主体はあくまでも人にあります。そのため、アイメイト協会では「私の愛する目の仲間」という意味を込め、「アイメイト」と呼んでいます。(アイメイトの歴史URL:https://www.eyemate.org/history/


街中でアイメイト使用者や視覚障害者に出会ったら?ウェブサイトで学べるコンテンツ

アイメイト使用者や視覚障害者のサポートの仕方が学べる、協会ウェブサイト内のコンテンツを紹介します。

・「アイメイト使用者に出会ったら」
街中でアイメイト使用者に出会い、何かサポートをしたい時どのようにすればいいのか、使用者への接し方や声のかけ方をまとめました。
https://www.eyemate.org/doc/assisting/


・「動画で知るアイメイト」
アイメイト(盲導犬)の歴史や、駅・街中・レストランそれぞれの場面で使用者や視覚障害者を誘導する方法を映像でご覧いただけます。
https://www.eyemate.org/doc/education/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)