医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

再生医療関連事業のセルソースと南葛SCがメディカルパートナー契約を締結

セルソース株式会社
再生医療関連事業のセルソース株式会社は、関東1部リーグ所属のサッカークラブ・南葛SCを運営する株式会社南葛SCとメディカルパートナー契約を締結いたしました。セルソースは選手のスポーツ傷害等の治療・予防のサポートに努めてまいります。



再生医療関連事業のセルソース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:裙本理人)は、関東1部リーグ所属のサッカークラブ・南葛SCを運営する株式会社南葛SC(東京都葛飾区、代表取締役:高橋 陽一)とメディカルパートナー契約を締結いたしました。

これにともない、南葛SCの医療体制の一環として、セルソースが調製方法の特許を取得しているPRP由来サイトカイン「PFC-FD」を用いる療法が導入されます。南葛SCの担当医療機関であるメディカルベース新小岩(東京都葛飾区)さまと連携し、選手の靱帯損傷や関節内炎症等のスポーツ傷害の治療・予防のサポートに努めます。

南葛SCはJリーグ参入を目指し非常に精力的に活動しているクラブです。セルソースはメディカルパートナーとして、医療面から同チームの支援に尽力してまいります。


PFC-FDについて
「PFC-FD」は、患者自身の血液から作製したPRP※の成長因子の濃度を高め、無細胞化とフリーズドライの処理を施し室温での長期保存を可能にしたものです。PFC-FDを用いた治療においては手術が不要であり、患部に投与することで疼痛軽減や機能回復の効果が期待されます。

※PRP…Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)。人体の組織の修復等を促進する様々な成長因子を含有しており、PRPを患部に投与することで疼痛軽減や機能回復等の効果が期待されることから、変形性関節症やスポーツ傷害への治療として注目されています。

以上

【南葛SC】
南葛SCはサッカー漫画『キャプテン翼』の主人公・大空翼が小学生時代に所属したチームと同名のサッカークラブです。原作者である高橋陽一氏がクラブのオーナー兼代表を務め、“葛飾からJリーグへ”をテーマに葛飾区及び東京都全域をホームタウンとし、葛飾区民&都民、行政、パートナー企業とともにJリーグ参入を短期目標に活動しています。『キャプテン翼』のように日本全国、そして、全世界の人たちから愛されるようなチーム作りを志し、子供たちに「夢」と「希望」を授け、ファン・サポーターに希望と誇りを共有し、社会の発展に貢献します。

代表者:代表取締役 高橋 陽一
公式サイト:https://www.nankatsu-sc.com/


【セルソース株式会社】
再生医療の産業化推進を目的とし、再生医療を提供する医療機関さまへの法規対応サポートと、脂肪由来幹細胞や血液の加工受託を行う再生医療関連事業を展開しています。再生医療等安全性確保法にもとづく特定細胞加工物製造許可施設(施設番号:FA3160006)にて31,000件以上の細胞等加工を受託しており、豊富な実績をもとに医療機関さまに安心してご利用いただけるサービスの提供と、研究・技術開発に努めています。

代表者:代表取締役社長CEO 裙本 理人(つまもと まさと)
上場市場:東京証券取引所マザーズ(証券コード 4880)
設立:2015年11月30日
公式サイト:https://www.cellsource.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)