広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

皮内注射市場、2021年~2028年の年平均成長率は11.3%と推測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「皮内注射の世界市場予測(2028年まで):COVID-19の影響、方法別、用途別、エンドユーザー別の分析」(The Insight Partners)の販売を2022年3月9日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1059384-intradermal-injection-market-forecast-covid-impact.html





皮内注射市場は、2021年の35億1,326万米ドルから2028年には74億1,570万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は11.3%と予想されています。
世界保健機関(WHO)は、医療提供における廃棄物の削減を、医療システム強化の重要な側面として認識しています。技術の進歩により、廃棄物を最小限に抑え、利用可能な資源でより良い結果を得るための外科的アプローチが開発されています。再利用可能な皮内投与デバイスは廃棄物の発生を抑え、経済の生産性にプラスの効果をもたらすアプローチの一つです。メタ分析の結果、最適な反応を得るためには比較的低濃度の薬剤が必要なため、皮内投与は有害事象の発生を抑えることができることが証明されています。以上のことから、本分野は今後急速に成長することが予想されます。

過去20年間、疾病の発生率が上昇し、皮内接種と美容処置が受け入れられるようになったため、皮内注射の需要がかつてないほど急増しています。皮内ジェット注射器、マイクロ注射器、弾道皮内注射器など、より侵襲性の低い皮内デバイスの需要も治療や診断目的のために高まっています。
WHOのデータでは、結核は死因の第13位であり、毎年約1,000万人の結核患者が記録されています。この結果、過去10年間に結核の診断率が急上昇し、ツベルクリン注射器の市場規模を拡大させる主要因の1つとして作用しています。また、北米や欧州では、美容整形手術の件数が急増しています。

市場力学
疾患の有病率の増加、皮内注射と美容施術の採用の増加が皮内注射市場を牽引
皮内接種は、抗原の潜在的な投与量を減らし、ワクチンによって生じる免疫反応を向上させ、ワクチン接種に伴う不安を減少させるのに役立ちます。この方法は、従来のワクチン接種と比較して有害事象の可能性が低いため、併存疾患を持つ難しい集団へのワクチン接種も可能です。
神経毒関連の美容施術は局所美容施術の主要セグメントであり、皮内注射は主に神経毒を投与するために使用され、最終的に皮内注射の需要を増加させます。結核の有病率の上昇も、皮内注射市場の成長率を促進すると予想されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1059384-intradermal-injection-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)