美容・健康 医療・医薬・福祉

CLINIC 9ru Self-Care Series by DIA  2022年3月より発売開始

株式会社ウェルメディカルグループ
新技術を搭載したDIAシリーズでのセルフケアで 「より魅力的な自分」を1日でも長く


5つ星ホテル ザ・ペニンシュラ東京 4階に構える CLINIC 9ru (クリニッククリュ)では、塚田紀理総院長の監修のもと開発されたセルフケア用プロダクト「CLINIC 9ru Self-Care Series by DIA(クリニッククリュ セルフケアシリーズバイディーアイエー」を2022年3月より本格発売いたします。

「CLINIC 9ru Self-Care Series by DIA」はCLINIC 9ruでの施術後のデイリーケアとして、また、CLINIC 9ruのフィロソフィーをご自宅でも体験いただけるよう考慮し開発されたセルフケアシリーズです。医療で用いられる皮膚浸透型の鎮痛医薬品や経皮浸透ワクチンに着想を得たナノテクノロジーを応用し、角層深部の隅々まで成分を届ける技術、DIA(Deep in Act)など、CLINIC 9ruの技術と発想を余すことなく体現するセルフケア。

クリニックでもご自宅でも、また男性でも女性でもシェアードアイテムとして。外側からも内側からも「CLINIC 9ru」のマインドを感じていただけるセルフケアシリーズをぜひご体感ください。





CLINIC 9ru Self-Care Series by DIAシリーズ
DIA(Deep in Act)は皮膚科学研究機関で研究・開発された人体の防御を担う皮膚の角層バリア機能を傷つけずに成分を大量に浸透させる技術です。水溶性と脂溶性の成分を混合、脱水し、届けたい成分の直径を200nm以下にして脂溶性のカプセルで包み込みます。これにより角層への浸透がスムーズになり、皮膚内部でカプセルが融解することで成分が解き放たれます。



IRONNING FACIAL CREAM(NMN+) 30g ¥29,700(税込)

9ruアイロニングフェイスクリーム(NMN+)
浸透型のヒアルロン酸、エイジングケア成分として話題のNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)を配合したクリーム。「針を使わないヒアルロン酸注入」を目指しました。全顔はもちろん、目じり、口元など気になるシワに塗布することで皮膚の長期的なアンチエイジングを期待する方に。



MASSAGE CREAM FOR FACE & BODY(CBD+) 70g ¥15,400(税込)
9ru マッサージクリーム(CBD+)
医学界でも注目されるCBD(カンナビジオール)などの機能成分をDIA技術で加工し贅沢に配合。マッサージによるリラックス効果を得たい時に。顔、全身に使えます。


MASSAGE CREAM FOR FACE & BODY(NMN+) 70g ¥13,200(税込)
9ru マッサージクリーム(NMN+)

NMNなどの機能成分をDIA技術で加工し贅沢に配合。深い浸透によるエイジングケアとリフレッシュ効果を得たい時に。顔、全身に使えます。


NMN+ FACE MASK 1包 ¥3,850(税込)
9ruフェイスマスク(NMN+)
NMNとヒト間葉系幹細胞培養上清液など多種類の成分を配合したシートマスク。就寝前の15分のセルフエイジングケアで、翌朝の美肌を体感。贅沢に配合された2つのメイン成分がお肌を整えると同時に、リッチな使用感でリラクゼーションタイムへと誘います。



NMN+DIA DRY POWDER SUPER LUXURY 30包入り ¥86,400(税込)
DIAドライパウダー

サーチュイン遺伝子を活性化する“アンチエイジング成分”として医学会でも研究が進むNMNを1包に334mg配合したサプリメント。DIA技術で吸収効率を3倍以上に高めました。飲み続けることで加齢による体内NMNの減少を補えます。


【CLINIC 9ru(クリニッククリュ)とは】



CLINIC 9ru(クリニッククリュ)は、ザ・ペニンシュラ東京4階に2021年6月に開院した会員制クリニック。最新のアンチエイジング医療と選び抜かれた美容医療を提供し、患者さまに寄り添い「どうすれば未来はもっと良くなるか」をご提案するクリニックとしてスタートいたしました。最大の特徴であるラグジュアリーでゆとりある空間は、プライバシーに配慮した完全個室。通う喜びを感じさせる5つ星ホテル ザ・ペニンシュラ東京で疾患からアンチエイジング、肌のお悩みに至るまで、患者さまのニーズに応じた施術をトータルでご提案いたします
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)