ネットサービス・アプリ 美容・健康

健康アプリ「ウエルネスくん」と「カロミル」の連携が可能に

ライフログテクノロジー株式会社
ユーザーからの声に応えて「カロミルコネクト」を導入

食事・運動・体重管理アプリケーション(以下アプリ)「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行)は、株式会社ダイコーホールディングスグループ(東京都中央区、代表取締役:神長大)が開発した健康アプリ「ウエルネスくん」に、弊社の「カロミルコネクト」の採用が決定しました。



◎カロミルコネクトとは
当社では健康管理アプリ「カロミル」で記録したヘルスケアデータを、他社サービスに連携できる「カロミルコネクト」というサービスを提供しています。このサービスは、相互アプリを連携後、該当アプリからシームレスに記録・確認が可能なのが特長。本人の同意を事前に取った上で「統計情報ではなく、特定個人の食事の生データを活用したい」といった声に応えたり、「自社ユーザーに食事管理機能を提供したい、食事管理機能を開発するのが一苦労だ」といった課題の解決につなげることが可能になり、「ライフログデータを活用し、自社のサービスの拡張を図れる」「自社で保有するデータのバリエーションを増やせる」「自社で記録機能を開発する必要がなくなる」といったメリットが挙げられます。

◎導入の背景
株式会社ダイコーホールディングスグループが開発した食事、体温、体重などのバイタルデータを記録する体調管理機能や、イベント時に活用できる体調事前申告システムを搭載した健康アプリ「ウエルネスくん」。同社はウェブアプリとしてリリースしていた同アプリのネイティブ化を進めており、その際に顧客から「カロミルの食事機能を追加機能として入れたい」という意見が挙がっていたこと、また機能を拡充させたいという思いから今回「カロミルコネクト」の採用が決定しました。
「カロミルコネクト」が搭載された「食事管理機能」は法人契約プランで利用可能な機能となっており、「カロミル」と連携することで食事のカロリー管理や栄養管理を実施します。また「カロミル」では有償のプレミアム機能「リアルタイム解析」と「食事提案」も利用できます。iOS・Android双方リリース済みです。

当社では今後も、「カロミル」をはじめとした自社サービスをさまざまな形で活用いただくことで、我々のミッションである「健康寿命を太く、長くする」を多くの方が達成できるよう、多くのステークホルダーと積極的にコラボレーションしていきたいと考えています。

【健康アプリ「ウエルネスくん」について】
https://wellness-kun.jp/intro/lp/
体温、体調、血圧や歩数、食事内容を記録し、従業員の健康維持・増進を支援するアプリです。また対面型のイベント等で来場者の体調を簡単に確認できる「デジタル入場パス」や、抗原検査結果を自動判定するシステムの搭載、給与前払いサービス「WillPay」との連携も行っています。

【株式会社ダイコーホールディングスについて】
https://www.daiko-holdings.co.jp/
「私たちは夢を実現できるチャンスを創造します」を企業理念とし、投資顧問業や資産や有価証券の売買、管理、運用に関するコンサルティングなど多様な事業を展開している企業です。ITやECサイト運営、健康食品製造販売などを手掛けるグループ会社があります。


健康管理アプリ「カロミル」について




食事・運動・体重管理アプリです。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって自動で栄養価を割り出し登録します。カロリーだけでなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、塩分、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど18種類の栄養素の計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスを考慮した健康管理が可能です。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現しています。会員数は130万人を超えました(2022年2月時点)。



ライフログテクノロジー株式会社について

https://calomeal.com/
当社は管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社と宮崎に拠点があり、スタッフは全員フルリモートワークです。主な事業はヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営ですが、大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。

◆サービスに関するお問い合わせ先◆
ライフログテクノロジー株式会社
info@calomeal.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)