医療・医薬・福祉

モデルナ・ジャパン 3回目ワクチン接種支援のメッセージ発信

Moderna, Inc.
「Go!Go!Go!3回目接種!」 60名のサッカー選手がTwitterで動画配信

メッセンジャーRNAによる医薬品やワクチンのパイオニア、モデルナ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:鈴木蘭美、以下、「モデルナ」)は、3月11日より、男子と女子リーグの8つの有力サッカークラブと協力し、COVID‐19ワクチンの3回目接種を支援するため、SNSを活用した「Go!Go!Go!3回目接種!」のメッセージ発信を開始します。


この取組では、男子プロサッカー5クラブ、女子リーグの3クラブから合計約60名の選手が、日替わりで一人ずつ、所属クラブの公式Twitterアカウントから、「Go!Go!Go!3回目接種! 自分のために、みんなのために」のメッセージのもと、3回目接種を支援するツイートを発信します。若い世代を含めて広く人々に、3回目接種が、自分自身や家族、友人など周りの人をCOVID-19から守るために大切であることを啓発し、理解を促すことを目的とします。期間は3月11日(金)から5月10日(火)で、参加クラブは、北海道コンサドーレ札幌、FC東京、名古屋グランパス、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、北海道リラ・コンサドーレ、サンフレッチェ広島レジーナ、セレッソ大阪堺レディースです。

海外では、COVID‐19ワクチンの3回目接種が進み、感染がピークアウトする国も出てきました。一方、日本ではCOVID‐19による死者数が過去最多を更新するなど、感染者数は高止まりの状態にあります。これまで蓄積してきたCOVID-19の感染拡大予測データに基づくと、今後、春を迎えるなかで新たな感染の拡大も懸念されています。モデルナは、有力サッカー選手とのコラボレーションで、3回目のワクチン接種推進の一助となることを期待しています。

~「Go!Go!Go!3回目接種!」メッセージ発信概要 ~

期間:2022年3月11日(金)~5月10日(火)予定
内容:各クラブの選手が一人ずつ日替わりで、COVID-19ワクチン接種についてメッセージをクラブのオフィシャルTwitterアカウントから発信。「Go!Go!Go!3回目接種! 自分のために、みんなのために」とのメッセージで、それぞれが3回目のワクチン接種を促進します。ハッシュタグ #GoGoGo3回目接種
参加クラブ:
北海道コンサドーレ札幌/FC東京/名古屋グランパス/セレッソ大阪/サンフレッチェ広島から合計約40名
北海道リラ・コンサドーレ/サンフレッチェ広島レジーナ/セレッソ大阪堺レディースから合計約20名(順不同)


モデルナ社について
モデルナは、2010年の創業から今日まで飛躍的な成長を遂げています。創業から10年で、モデルナは、メッセンジャーRNA(mRNA)の分野のプログラムを推進する研究開発型の企業から、6つのモダリティにわたるワクチンと治療薬の多様な臨床ポートフォリオを持ち、mRNAと脂質ナノ粒子製剤を含む幅広い知的財産ポートフォリオを構築し、迅速な臨床開発と商業化を可能にする最新の大規模製造設備を有する企業へと成長しました。モデルナは、国内外のさまざまな政府および企業と協働しています。最近では、モデルナの力を結集した成果として、新型コロナウイルス感染症拡大に対する最も早く最も効果的なワクチンのひとつが、多くの国で承認され使用可能となりました。モデルナのmRNAプラットフォームは、基礎および応用mRNA科学、医薬デリバリー技術・製造において継続的な進歩の上に構築されており、感染症、免疫腫瘍学、希少疾患、循環器疾患、自己免疫疾患のための治療薬とワクチンの開発を可能にしています。過去7年間、Science誌によりトップのバイオテクノロジー企業として選出されました。さらなる詳細は、www.modernatx.comをご覧ください。


サンフレッチェ広島の森島司選手からのGo!Go!Go!3回目接種!」のメッセージ
サンフレッチェ広島森島司選手のツイートURL
https://twitter.com/sanfrecce_SFC/status/1502086908658130945?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Etweet
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)