医療・医薬・福祉

遺伝子治療薬の現状と将来展望【シード・プランニング調査レポート】

株式会社データリソース
レポート詳細 https://www.dri.co.jp/auto/report/seed/spgeneth.html

データリソース(東京都港区)は株式会社シード・プランニングの「遺伝子治療薬の現状と将来展望 2022」調査レポートの販売を 2022年3月11日に開始いたしました。このレポートでは遺伝子治療薬の開発上市動向、事業参入状況、ポスト遺伝子治療として注目されている技術開発等に焦点を当て全体像を分析しています。



レポートのポイント


国内外の遺伝子治療に関する研究・開発の進捗状況
遺伝子治療に関わる社会環境
遺伝子治療薬の今後の展望


国外において遺伝子治療開発市場が活発なのは言うまでもありませんが、国内では遺伝子治療分野において承認された治療薬(条件及び期限付き承認含む)は3製品に留まっています。しかし、最近国内初のウイルスを用いたがん治療薬「デリタクト」が条件および期限付き承認されました。このデリタクトを皮切りに、今後遺伝子治療はどうなっていくでしょうか。

当社では2002年以降、再生医療に関するレポートを継続的に発刊しています。本レポートでは、遺伝子治療薬の開発上市動向、事業参入状況、ポスト遺伝子治療として注目されている技術開発等に焦点を当て、全体像を調査分析しました。

■このレポートの詳細
遺伝子治療薬の現状と将来展望 2022

https://www.dri.co.jp/auto/report/seed/spdigihealth.html

■調査会社について
株式会社シード・プランニング

https://www.dri.co.jp/auto/report/seed/
株式会社データリソースはシード・プランニング社の販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

【このプレスリリースに関するお問合せ】
株式会社シードプランニング 正規販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Eメール:office@dri.co.jp
HP: https://www.dri.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)