医療・医薬・福祉 素材・化学・エネルギー

エクソソーム診断薬および治療薬の世界市場は、2026年には5億1260万ドルに成長見込み-BCC Research社バイオテクノロジー研究レビューレポート【取扱開始のお知らせ】

株式会社データリソース
レポート詳細 https://www.dri.co.jp/auto/report/bccresearch/220225-2021-biotechnology-research-review.html

株式会社データリソース(東京都港区)はBCC Research(BCCリサーチ)の「2021年バイオテクノロジー研究レビュー」の取扱を2022年3月10日に開始いたしました。



レポートハイライト


- エクソソーム診断薬および治療薬の世界市場は、2021年の9780万ドルから2026年には5億1260万ドルに成長し、2021年から2026年の年平均成長率(CAGR)は39.3%となる見込みです。
- バイオインフォマティクスの世界市場は、2020年の161億ドルから2025年には241億ドルに成長し、2020年から2025年の期間は年平均成長率(CAGR)8.4%で推移するものと思われます。
- 細胞・遺伝子治療の世界市場は、2021年の41億ドルから2026年には174億ドルに成長し、2021年から2026年までの年平均成長率(CAGR)は33.6%となる見通しです。


バイオテクノロジー市場全体の成長を加速させる重要な開発が数多く行われています。これらの注目すべき最近の進歩には、mRNA治療薬、CRISPR技術、バイオセンサーおよびバイオプリンティング技術、がん幹細胞研究、細胞および遺伝子治療と並ぶDNAワクチンなどがあります。これらの進歩は、医薬品開発をサポートする細胞株技術の幅広い採用を保証し、遺伝子編集プロセスの簡素化により、長期的に費用対効果が高くなります。

分子生物学の進歩は、分子・計算機ツールやソフトウェアの提供を支えています。合成生物学は、生きている細胞内の遺伝物質の製造や改変を促進するもう一つの応用分野である。

他の産業とは異なり、バイオテクノロジー産業はパンデミックの間中、高い成長を遂げてきました。COVID-19の診断治療法の模索は、政府、メディア、一般市民を問わず科学と医学に注目させ、バイオテクノロジー企業の買収や提携が堅実な投資であるという考えを強めています。細胞株市場で事業を展開する企業は現在、多額の投資を行い、高度で最新のリソースを備えた製造装置の開発や設備の拡充を可能にしている。同時に、遺伝子配列解析技術は、特に様々な癌やコロナウイルス株の診断において、ヘルスケア部門全体で大きなペースで進歩しています。

2019年、2020年のバイオテクノロジー業界は、ベンチャーキャピタルからの資金調達、提携、共同開発、ジョイントベンチャーなどにより、年間2桁の成長が見込まれています。しかし、この分野では、マーケティング、イノベーションのための資金調達、政府組織からの価格圧力に関連する困難が続いています。また、開発コストも課題であり、メーカーにとって最も重要な問題であることが多い。単純なコレステロールの薬なら1日5ドル(年間約1,825ドル)ですが、バイオ医薬品の場合は年間2万ドル以上かかる場合もあります。

2019年、遺伝子治療や細胞生物学の技術開発に成功したが、これには高いコストがかかっていた。例えば、脊髄性筋萎縮症の治療のためのウイルスベクターベースの遺伝子治療であるゾルゲンスマは、約500万ドルもします。メーカーにとって最も難しいのは、技術革新にかかるコストのバランスをどう取るかです。価格設定を適切に行うこと、そして製品を市場に送り出すためのコストもまた、極めて重要な課題です。イノベーションは、臨床試験段階から市場に出るまで数年かかることもあり、最初から期待に応えなければ、投資家は失望し、株価が下がるかもしれません。

■このレポートの詳細
2021年バイオテクノロジー研究レビュー

https://www.dri.co.jp/auto/report/bccresearch/220225-2021-biotechnology-research-review.html

■調査会社について
BCC Research(BCCリサーチ)

https://www.dri.co.jp/auto/report/bccresearch/
株式会社データリソースはBCC Research(BCCリサーチ)の日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

【このプレスリリースに関するお問合せ】
BCC Research(BCCリサーチ)正規販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Email: office@dri.co.jp
HP:https://www.dri.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)