医療・医薬・福祉 その他

ダークブルーのオリジナル Tombo モデル & Under Mount ブラケット付き・¥29,500 (消 費税・送料込み)は、在庫が無くなり次第、販売終了となります。

Tombo Systems株式会社
アンダーマウント(デスクやテーブルの裏にネジで取り付けるフック)を含む当社オリジナルの Tombo スタンドを在庫一掃セールで格安でご提供します。

在庫が無くなり次第の終了となりますのでご了承くださいませ。このモデルは、最新モデルの 商品よりも多少重く、頑丈に作られています。リハビリテーションや高齢者施設での使用に最 適なモデルになっております。 トンボは、メイヨ-クリニックとイリノイ大学運動学部の支援と検証を受けて開発された世界 初の NEATTM 認証機器です。トンボを使用することで、座っている状態と比較して 20%以上の カロリー消費量の増加が期待できることが上記機関の研究により明らかにされています。さら に、トンボが無意識のうちに動きを作り出すことで、長時間座っていることによりもたらす多 くの問題を打ち消すことも示されています。(データは上記機関にお問合せください)


2 for 1 Tombo コンビ・オファー
座ることはあなたの健康を害するが、立つことだけが唯一の解決方法ではない-たとえ運動 しても解決されるものではない

最近まで「長時間の座りっぱなし」は「新たな喫煙」と同じだと理解され、コストや脊椎、関 節、静脈のを悪くするリスクがあるものの、すぐにスタンディングディスク、そしてシットス タンドデスクが解決策として人気を博していました。しかし、2015年、Journal of Epidemiology 誌の研究などで、問題は“座ること”ではないと結論づけられました。真の問題は、 “動きがないこと”だったのです。規則的な動きのない座りっぱなし、立ちっぱなしが問題視さ れたのです。その結果、人間工学の専門家は「長時間座っている間は1時間に5~10分歩け」 と推奨するようになったが、生産性を第一に考える雇用主を含め、多くの人にとって現実的な 方法ではありません。特にソフトウェアプログラミングのような集中力が必要な業務では、業 務を中断すると、精神的にも調子を取り戻すのに、さらに20分かかるという調査結果もあり ます。

そこで、Tombo はユニークな選択肢を提供します。無意識のうちに動くことで、ウォーキング と同じではないものの、スタンディングデスクよりもはるかに大きな動きが得られます。今年 に発売予定のオプションのアクティビティトラッカーを使ったテストでは、Tombo の動きは Apple Health や Tombo 専用のアプリで「歩数」として認識・記録されるほどアクティブです。 また、Tombo の無意識の動作は、電球を点灯させるのに十分な圧電力を発生させることが確認されています。

テクノロジー
Tombo は、重力、運動エネルギー、調和的な動きを利用して、下半身の微小運動を生成し、体 幹を鍛える純粋な機械的装置で、特許を取得しています。Tombo は、これらの動きを利用して、 下半身の微小な動きと脚のスイングを生み出し、ウォーキングのような動作で、長時間の座り 仕事に伴う様々な問題を解決することができます。 また、イリノイ大学の実験では、集中力を妨げないことも重要なポイントでした。そして、メ イヨ-が定める NEATTM(非運動性熱発生)の基準を満たすように設計された唯一の機器の一 つです。健康的な食事と組み合わせることで Tombo は全身の健康増進に役立ちます。また、活 動量の増加は認知の生産性を刺激する可能性があります。現在、イリノイ大学では Tombo を使 用中に認知生産性が実際に向上するかどうかのテストが実施されています。


Tombo製品の効果
特許を取得したこのデバイスは、下半身と体幹に微小な連続した動きを与え、以下のような多 くの効果をもたらします。
Tomboで実現できることの詳細な属性


イリノイ大学によると、20%前後のカロリー消費量の大幅な増加があります。 -通常の座位、立つこと、スタンディングデスクでは発生しない下半身と体幹の継続的なアク ティブな動き
関節の健康状態の改善:Tombo は動きを作り出すことで、関節を潤滑にする滑液の流れを増 加させ、通常座っていることによる運動不足の結果生じる足、足首、脚の摩擦やこわばりを軽 減させることができます。


Tombo をわずか10分使用した後の足のMRIのビフォーアフター


健康的な食事と組み合わせた持続的な運動は血圧を下げ、心臓の血流を改善し、高血糖と不 健康なコレステロールの両方のレベルを下げるのに役立つと考えられています。
血液循環の増加。心臓への血液循環(静脈還流)の主要な原動力は筋肉の収縮ですが、通常 の座位では脚が動かず、ぶら下がった状態(依存姿勢)で身体の動きが制限されるため、収縮 が低下します。
トンボの直感的な動きは、血行を良くする筋肉を活性化させます。脳を含む全身の活動量と 血流が増加することで、覚醒度の向上が期待できます。
筋肉の緊張を和らげます。Tombo は、筋肉を活性化させる動きを誘発し、ストレスの活動を さらに促進させることができます。
腰痛の軽減: Tombo は、背中と脚の位置をより良く調整するために、頻繁に背中と脚の位置 を調整します。 -さらに、スタンディングデスクを使用する人の多くが家ではより多く座る傾向があるという 研究結果もあります。 -無意識のうちに動くことで、集中力が持続し、精神的な疲労が軽減されます。
-筋肉の緊張を和らげる。Tombo は、筋肉を活性化させる動きを誘発し、ストレッチの活動をさらに促進させることができる。



Tombo TV 紹介 (日テレ) https://vimeo.com/444310732
トンボ紹介: https://vimeo.com/579793519
VRウォーキング・VRショッピング: https://vimeo.com/579793953

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)