医療・医薬・福祉 アパレル・ファッション

入院・介護の日々をもっと彩り豊かに!

株式会社みんなで人生会議
Make Your Hospitalized and Cared Days More Fashionable!

【東京都と出川哲郎さんも応援!】 おしゃれなデザインと円滑なケアを可能にする賢い機能を兼ね備えた「みんなの入院着」4月出荷に向けた初回予約を開始。 Hospital Wear Having Well-design and Smart Functionality Starts to Receive Pre-order for Shipping in April. ▼プレスリリース / Press Release *in Japanese and English.* https://prtimes.jp/a/?f=d54309-20200225-4797.pdf


*English follows after each Janasese sentence.

高齢者と家族の入院・介護の日々を、物心ともに豊かにすることを目指す株式会社みんなで人生会議(本社:東京都豊島区、CEO:笈沼清紀)は、2020年2月25日(火)より日本の医療・介護における衣服のコンセプトとしては初となる、着やすく、着せ易い「機能性」と、入院高齢者の「装いたい・見せたい」という希望を叶える「デザイン性」を兼ね備えた「みんなの入院着」の予約受付を開始致します。

Minzine, Inc. (Head Office: Toshima-ku, Tokyo; CEO: Kiyonori Oinuma) whose mission is to mentally and physically enrich elderly's hospitalized and cared lives starts to receive the pre-order of our hospital and care wear, “Everyone’s Hospital Wear” having both “well-design” and “smart functions.” This concept is the first in Japan’s healthcare industry.


「みんなの入院着」は、東京都が主催するビジネスプランコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY2019」(応募総数1,803件)でファイナリスト10件に選出。2019年12月1日(日)開催の最終審査会では来場者約400名による共感投票の中で最多票を獲得した人に授与される「オーディエンス賞」を受賞しました。

On December 1st, our brand won Audience Award of Tokyo Metropolitan Government’s Business Contest, “TOKYO STARTUP GATEWAY 2019” among 10 finalists elected from 1,803 applicants. Audience Award is granted for a business idea that gains the most votes from 400 audiences.


また、2020年2月15日(土)テレビ東京系で放送された「TOKYO STARTUP DEGAWA2020」においては最優秀賞を受賞致しました。東京都知事から審査委員長に任命された出川哲朗氏及びビジネス界のリーダー3名による審査では、全員一致で最高評価を獲得し、出川氏からは「高齢化社会にマッチしたビジネス」、「この人は応援してあげたい」というコメントをいただきました。放送後、みんなの入院着のウェブサイトのページビューは1,600件に達し、超高齢社会の日本でイノベーションを起こすプロダクトとして期待が高まっています。

In addition, on February 15th, our product won the first prize in a startup pitch contest held by Tokyo Metropolitan Government and TV Tokyo, “TOKYO STARTUP DEGAWA 2020.” All of 3 judges rated our product the best, and Chairman Mr. Degawa said “I would like to support Mr. Oinuma’s dream.” After the TV show, Everyone’s Hospital Wear website got 1,600 views, which showed that many people hope that our product will make innovations in super-aged Japan’s society.

現在、入院あるいは闘病中の方々とそのご家族から寄せられたみんなの入院着の実用化のご要望は100名に達しました。そこでこの度、多くのご要望に応えるため、「みんなの入院着」ウェブサイトを開設し、20着限定で予約販売を実施いたします。初回出荷は4月、商品は女性向け2タイプ(カシュクールドレス、上衣。いずれもピンクかパープルより選択可能)、男性向け1タイプ(上衣、デザインは調整中)を予定しています。

Now, the number of people who request this product has reached 100; therefore, to meet the requests, Minzine, Inc. decide to open the website of Everyone’s Hospital Wear and start to receive the limited pre-orders from 20 customers. Three items are planned to be provided in April: women’s cache-coeur dress and jacket and men’s jacket.

「みんなの入院着」は、高齢者と家族の物心を豊かにする入院着と、尊厳ある生活をあきらめせないサービスで、入院・介護の日々を彩り豊かに演出してまいります。

Japan is an advanced country in terms of the aging population. Through the hospital wear that enriches the mental and physical life of the elderly and their family supports hospitalized life with dignity, “Everyone’s Hospital Wear” strive to turn the challenges such as elderly care, battle against disease, and terminal care into positive experience.

みんなの入院着のビジョン
1. 高齢者の「選びたい・装いたい・人に見せたい」という衣服への欲求を解放し、生きる意欲を高める
2. 病院、施設、自宅にある衣生活のバリアを無くし、高齢者がどこでも自分らしくいられる環境を創る
3. 衣服を通じて家族と入院高齢者の心をつなぎ、闘病、介護、死後の日々を互いに後悔ないものにする
4. 地域との調和とともに、入院、介護の日々を彩り豊かで開放的なものにし、高齢社会の未来に貢献する

Our Vision
1. Satisfy elderly’s desire to choose their clothes, enjoy dressing, and see the ones they love with their favorite clothes.
2. By removing clothing barriers in hospital, care center, and home, make it possible for elderly to be themselves anywhere.
3. By connecting elderly’s and their family’s hearts by clothes, reduce regrets for their elderly care, battle against disease, and terminal care.
4. Harmonizing with a local community, change hospitalized and cared lives to be more colorful and cooperative and contribute to aged and aging societies.

商品の基礎機能
・寝ている姿勢で着脱可能

 スナップボタンで肩部分から袖まで全開、ベッド等に寝た状態のままで着脱することができます
 広い袖口なので、ギブスや包帯を巻いていても窮屈になりません
・点滴やギブスをしていても着脱可能
 広い袖口なので、ギブスや包帯を巻いていても窮屈になりません
・袖の長さを調整可能
 室温に応じて長さを調整したり、食事中に袖が汚れないようにすることができます
・ウェストにゆとりを持たせながらも、シルエットは美しく
 加齢に伴い下腹部が出てしまっても、ゆとりのあるデザインだから締め付ける感じがありません
 ドレスタイプはハイウェストデザインのため、締め付けられる感じがない上に見た目もきれいです
・左右にポケット
 スマートフォンや小銭入れ、小説やハンカチなどを入れることができます

Basic Functions of Everyone’s Hospital Wear
・Easy to take on and off even in lying down

 Snap buttons from a shoulder to a sleeve enable to take on and off a cloth in lying on a bed.
・Easy to put arm in a cast or with an IV drip through sleeve
 Wide sleeves are easy to put arms in a cast or with an IV drip through.
・Length adjustable sleeves
 Sleeves’ lengths can be changed according to room temperature also in order to prevent the sleeves from being dirty with food.
・Wide waist and beautiful silhouette
 Wide waist is comfortable for elders even whose abdomen become bigger.
 High-waist of cache-coeur dress covers the abdomen and make beautiful silhouette of clothing.
・Pockets on right and left sides
 Each pocket in right and left side is enough size for smartphone, wallet, book, and handkerchief.

商品詳細 / Item Details





ウェブサイト・SNS / Website and SNS
Website
https://xn--y5qu63gelv.com/
Twitter
https://twitter.com/nyuingi


みんなの入院着の開発ストーリー
全てのきっかけは、2019年1月2日に亡くなった実父の入院生活でした。
⽗は5年間、開放的な介護施設で暮らしたのち、2017年11月にアルツハイマー型認知症を発症し、自宅近くの精神病院に13ヶ月間入院しました。その際、⽗が病院から与えられた無機質で画一的な「入院着」は、当時の僕の目に囚人服のように映りました。病気で認知機能が低下しているとはいえ、無造作にその服を着せることが心苦しかった。何より、私の母は服飾講師。母も洋服のプロとして、純粋に、こんな格好悪い服を父に着させたくはなかったのです。なぜ、入院すると着たい服が着られなくなるのか。おしゃれをあきらめなければならないのか。無機質な入院着がむしろ病気を自覚させていないか。生きる活力を奪っていないか。父の死後、そんな想いから、機能性とおしゃれを両立できる「入院着」の開発を決意しました。
▼全文はこちら
https://xn--y5qu63gelv.com/story/

Story
It all began with the hospital life of my late father who passed away on January 2, 2019.
After spending 5 years at a spacious care center, my father was moved to the mental hospital near his house because of the onset of Alzheimer’s dementia in November 2017. He spent 13 months there. The cold and bland hospital wear given to my father by the hospital looked like prisoner’s uniform in my eyes. Even though his cognitive functions were already on decline, I was sad to let him offhandedly put that clothes on. What was more, my mother was a teacher of dressmaking. As a fashion professional, she simply could not stand seeing him in such bad-looking clothes. After my father died, I decided to develop a hospital dress having both well-design and smart functionality.
English Full text:
https://xn--y5qu63gelv.com/story-in-english/

CEOプロフィール

笈沼 清紀 / おいぬま きよのり
- 楽天、JINS、KDDIにて計7年間、Eコマースの戦略立案と事業開発に従事。それ以前は、SMBC日興証券にて4年間、M&Aアドバイザリー業務に、日本総合研究所にて4年間、ITコンサルティング業務に従事
- Hult International Business School 2013 MBA
- 東京都主催「TOKYO STARTUP GATEWAY 2019」ファイナリスト・オーディエンス賞受賞
- テレビ東京系「TOKYO STARTUP DEGAWA2020」
- 経歴詳細: https://www.linkedin.com/in/koinuma

CEO Profile
Kiyonori Oinuma (Nori)

Nori started his own business in 2019, after +7 years professional career in e-commerce strategy planning and business developing in Rakuten, JINS, and KDDI. Before that, +4 years financial expert career as M&A advisory in an investment bank, SMBC Nikko and +4years IT consultant career in Japan Research Institute.
Hult International Business School 2013 MBA
Winner of Audience Award in “TOKYO STARTUP GATEWAY 2019.”
First prize in “TOKYO STARTUP DEGAWA 2020.”
Career details: https://www.linkedin.com/in/koinuma

▼プレスリリース / Press Release *in Japanese and English.*
https://prtimes.jp/a/?f=d54309-20200225-4797.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)