美容・健康

ウェルネスブランド『Eiris(エイリス)』 植物由来のナノ繊維"バイオセルロース"を使用したCBD配合の贅沢マスク『エイリス ケア フェイスマスク』を3月14日(月)より販売開始

株式会社EIRIS
自社ECサイト、美容クリニックほか各小売店にて取扱いスタート

株式会社EIRIS(本社:東京都港区/代表取締役:杉山陽介)が展開するウェルネスブランド『Eiris(エイリス)』は、2022年3月14日(月)より、植物由来のナノ繊維「バイオセルロース」を使用し、CBDやプラセンタエキスほか肌のケアに特化した植物由来成分を配合したフェイスマスク『エイリス ケア フェイスマスク』を、自社ECサイト、美容クリニックほか各小売店にて販売開始いたします。商品は5枚入りと1枚入りの両方で販売いたします。



お肌を保護したい方、お肌のキメを整えたい方に。
CBD(カンナビジオール)をはじめ、ソメイヨシノ葉エキス、コンフリー葉エキス、アロエベラ葉エキス、プラセンタエキスを配合した、お肌に優しいフェイスマスクです。植物由来の原料から作られるナノ繊維「バイオセルロース」がお肌にピッタリと密着し、美容成分を角質層まで浸透させて潤いを保ちます。お肌のコンディションを整え、しっかりと皮膚を保護します。

【商品概要】


商品名:エイリス ケア フェイスマスク(Eiris Re-Care Face Mask)
内容量:5枚入-28mL×5枚/8,250円(税込)
    1枚入-28mL×1枚/1,650円(税込)
販売先:Eiris ECサイト https://eiris.jp/


商品特徴



・CBD(カンナビジオール)配合
Eirisの商品には欧州の製薬会社で研究開発された有機合成のCBDを配合。さらにCBDをリポソーム化(乳化)させることで、角質層の隅々まで浸透させることを目指しました。商品パッケージに印刷されたアートグラフィックでも「カラダの恒常性を保つ」というCBDの特徴を表現しています。

・お肌にやさしい成分で構成
スキンケアの代表成分であるプラセンタエキスをはじめ、ソメイヨシノ葉エキス、コンフリー葉エキス、アロエベラ葉エキス等、肌の悩みにアプローチする植物由来成分を複数配合しています。お肌のコンディションを整え、しっかりと皮膚を保護します。

・「バイオセルロース」で贅沢なつけ心地を
マスク本体には、植物由来の原料からつくられるナノ繊維「バイオセルロース」を使用。やわらかくプルプルとしたシートがお肌にピッタリと密着し、美容液を効率的に浸透させます。また、保水力に優れているため、潤いが長時間続くことも特徴の一つです。

【こんな方に使ってほしい】
・お肌のコンディションが乱れがち
・肌荒れや乾燥が気になる
・既存のフェイスマスクでは満足できていない
・誰かに渡すギフトに悩んでいる


使用方法



1.洗顔後の清潔なお肌にお使いください。
2.アルミ袋から取り出して片面のみ保護シートをはがしてください。
3.マスクを目と口の位置に合わせ、お顔全体に密着させてからもう片面の保護シートをはがしてください。(目に入らないようにご注意ください)
4.約10分~15分ほどおいてからマスクを外します。(長時間おかないでください)
5.お肌に残った美容液を軽くなじませます。


Eiris(エイリス)とは



Eirisは「健康をステータスに」をブランドメッセージに掲げるウェルネスブランドです。CBDをはじめとする”ケア”に特化した成分を使用し、時には医師や管理栄養士といった専門家の意見も取り入れながら、癒しと回復を目指す商品・サービスを提供していきます。また、健康であること自体をステータスにするべく、「医学×アート」の考えをブランドデザイン全体に取り入れることで、メディカルの業界にも洗練されたスタイリッシュなイメージを提案していきます。


ブランドパートナー

○デザイン:Xen&Assochiates,Inc
デザイナーの稲葉英樹、コンテンポラリーアーティストの梶岡亨を主幹とするデザインチーム。株式会社EIRISが考えるこれからの健康観を展開するプロダクト・店舗コンストラクション・メディアのブランディングおよびビジュアルデザインを担当。


会社概要

会社名: 株式会社EIRIS
所在地: 東京都港区南麻布1-17-3
代表取締役: 杉山陽介
事業内容:「Eiris」の企画・製造・販売/医療機関に対する各種コンサルティング事業
URL: https://eiris.jp
Instagram: https://www.instagram.com/eiris.official/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)