ネットサービス・アプリ 美容・健康

Z世代・Y世代・X世代の美容医療に対する意識調査を実施

株式会社トリビュー
若年層を中心に美容医療に対するイメージはポジティブ傾向

美容医療の口コミ・予約アプリ「トリビュー」を運営する株式会社トリビュー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:⽑迪)は、Z世代(16-27歳)、Y世代(28-41歳)、X世代(42-59歳)の男女49,499人を対象に「美容医療に対する意識調査」を実施いたしました。 昨今、インフルエンサーを中心にSNS上で自身の美容医療体験について情報発信をする人が増えている影響などにより、ソーシャルネイティブのZ世代には美容医療が身近な存在になってきていることが推察されます。一方で、X世代においては美容医療に対するイメージが変化しつつある中で、世代毎に美容医療に対するイメージや目的などにどのような実態があるのか調査いたしました。



【美容医療とは】
医師免許を持つ者が行う医療行為のことで、エステは対象外となります。美容外科(例:脂肪吸引、豊胸施術)・美容皮膚科(例:医療脱毛、シミ・ほくろ除去、ボトックス・ヒアルロン酸注入)・審美歯科(例:ホワイトニング、歯列矯正)の分野が対象となります。

■調査結果サマリー
・美容医療に対するイメージを聞いたところ、Z世代はポジティブなイメージを持っているが、Y世代、X世代においてはまだネガティブなイメージを持っている人が多いことが分かった。

・美容医療に対するイメージ詳細としては、全世代で「自分をもっと好きになる手段」が1番多い理由となり、次いで「可愛く・かっこよくなれる手段」「美容の一環」が上位に入り、美容医療が身近になりつつあることが読み取れる。

・美容医療を行いたい理由を聞いたところ、Y世代、X世代は「異性から褒められたいから」が入っているが、Z世代は異性だけでなく「同性から褒められたいから」とSNSで自信を発信する機会があることにより、性別関係なく他者からの評価を意識していることが読み取れる。

・経験施術を聞いたところ、全世代で肌管理系の施術が多く、美容医療が美容の一環として受け入れられていることが読み取れる。

・情報収集方法を聞いたところ、「インターネット(ブラウザでの検索)」が全世代で1番多い結果となった。Z世代においては次いで「SNS」(32.3%)の一方で、Y世代・X世代においての「SNS」は最下位となった。世代により情報収集方法に差が見られた。

・利用している美容医療のアプリ・サービスを聞いたところ、Z世代・Y世代には「トリビュー」が一番利用されている結果となっている。


【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ/実施機関:株式会社トリビュー
調査対象 :全国16~59歳男女 (美容医療経験者)
対象人数 :事前調査49,499サンプル、本調査2,810サンプル
調査期間 :2021年11月2日~11月8日
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、当社クレジット(例:トリビュー調べ)を明記いただけますようお願い申し上げます。


▼美容医療に対するポジティブ・ネガティブイメージ
それぞれに対するイメージを聞いたところ、Z世代はポジティブなイメージがある一方、Y世代・X世代ではまだネガティブなイメージが高いことが分かった。


▼美容医療に対するイメージ
美容医療に対するイメージ詳細を聞いたところ、「自分をもっと好きになる手段」が全世代で1番多い結果となった。次いで、「可愛く・かっこよくなれる手段」、「美容の一環」が上位に入り、X世代においては「抵抗がない」が4番目に多い結果となった。


▼美容医療を行いたい理由
美容医療を行いたい理由を聞いたところ、Z世代は「理想の自分に近づきたいから」(57.5%)次いで「コンプレックスを解消したいから」(53.4%)「自分が心地よくなりたいから」(36.4%)に対して、X世代においては「若く見られたいから」(35.5%)が2位にランクインし、アンチエイジング目的で美容医療を行いたいことが分かった。また、Z世代は異性からの褒めだけでなく「同性から褒められたいから」(23.7%)がランクインし、SNSで自身を発信する機会があることにより、性別関係なく他者からの評価を意識していることが読み取れる。


▼受けたことがある施術
経験施術を聞いたところ、全世代「ハイフ」が1番多く、次いで「フォトフェイシャル」となった。順位は多少異なるが、どの世代も肌管理系の施術が多い結果となった。


▼美容医療の情報収集方法
美容医療の情報収集経路を聞いたところ、「インターネット(ブラウザでの検索)」が全世代で1番多い結果となった。次いでZ世代は「SNS」(32.3%)が多い一方で、Y世代、X世代においては「SNS」は最下位となった。ソーシャルネイティブのZ世代は情報収集経路としてSNSを活用していることが分かった。


▼利用している美容医療のアプリ・サービス
利用している美容医療のアプリ・サービスについて聞いたところ、Z世代・Y世代は「トリビュー」が一番利用されている結果となった。一方で、X世代は「キレイパス」が1番となり、口コミやクリニックの評判を見た上で比較検討したいデジタル・ソーシャルネイティブ世代がトリビューを活用していることが読み取れる。


▼美容医療アプリ・サービスの中で利用したことがある機能
TOP5はクリニックの口コミ確認、体験者の施術の口コミ確認、クリニックの施術メニュー確認、施術情報の確認、クリニックの予約となっており、リアルな口コミを重要視して利用していることがわかる。


【考察】
上記の調査結果から、世代別に美容医療経験者の動向において以下のような実態があると考えられます。

・美容医療へのイメージは、若年層を中心にポジティブなイメージに変わりつつある。
・全世代において美容医療は理想の自分になるためだけではなく、「美容の一環」としても浸透してきている。

今後、若年層を中心に美容医療が身近になっていき、ありたい自分になるための選択肢の一つになっていくものと推測されます。

■トリビューについて
国内No.1の美容医療の口コミ・予約アプリです。美容外科・美容⽪膚科・審美⻭科の分野から「口コミ検索」「施術検索」「クリニック検索」「オンライン相談・予約」がアプリ1つで完結。累計65万ダウンロードを突破し、10代~30代を中心に幅広いユーザーにご利用いただいております。

トリビュー(IOS): https://tribeau.jp/r/ios
トリビュー(Android):https://tribeau.jp/r/android
トリビュー(WEB):https://tribeau.jp

■株式会社トリビュー
所在地:東京都渋谷区渋谷3-2-3 帝都⻘山ビル5F
代表者:代表取締役 ⽑ 迪(モウ デイ)
設立日: 2017年7月26日
事業内容:美容医療・整形の口コミ予約アプリ「トリビュー」の開発・運営
コーポレートサイト:http://corp.tribeau.jp/

■本リリースに関する問合せ
株式会社トリビュー 広報担当:本田
MAIL:info@tribeau.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)