医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

研究開発型スタートアップのAMIが「J-Startup KYUSHU」企業に選定

AMI株式会社
心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器『超聴診器』や遠隔医療サービスの社会実装により、急激な医療革新の実現を目指すAMI株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市 本店:熊本県水俣市、代表取締役CEO:小川晋平、以下「当社」)は、「J-Startup KYUSHU」企業の一社として選定されたことをお知らせします。



<「J-Startup KYUSHU」概要>
J-Startupは、グローバルに活躍するスタートアップを創出するために経済産業省が2018年より推進する、スタートアップ企業の育成支援プログラムです。2020年からはJ-Startupプログラムの地域展開が開始され、九州については2021年12月より、管内の政府出先3機関・7県・3政令市・関係10組織が参加した連携プラットフォーム*1を構築し、「J-startup KYUSHU」の取組を開始しました。
今般、スタートアップに精通する推薦委員からの推薦を通じ、九州を基盤に活躍する33社をJ-Startup KYUSHU企業に選定しました。
今後、関係機関やサポーター等と連携したオール九州での支援等を通じて、J-Startup KYUSHU選定企業の更なる成長を後押しするとともに、サポート体制のさらなる整備・強化を進め、スタートアップエコシステムの強化を目指します。

ご参考)九州経済産業局リリース
・「J-Startup KYUSHU」を開始します ~九州の有望なスタートアップ企業をオール九州で強力に支援します~(2021年12月13日発表)
https://www.kyushu.meti.go.jp/press/2112/211213_2.html
・「J-Startup KYUSHU」33社を選定しました(2022年3月14日発表)
https://www.kyushu.meti.go.jp/press/2203/220314_2.html

<選定の背景および今後の展開>
当社は、”急激な医療革新の実現“をミッションに掲げ、『超聴診器(心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器)*2』や、遠隔医療サービスの社会実装を目指す研究開発型スタートアップです。

この度「J-Startup KYUSHU」企業に選定されたことを受け、当社としては産学官の連携をもとに医療DX を推進する新たな DtoD(Doctor to Doctor:医師-医師間)遠隔医療サービスやクラウド総合病院構想の実現を目指します。

*1 「九州スタートアップ推進コンソーシアム」を設置。【事務局】九州経済産業局、<共同事務局>福岡県・福岡市
*2 医薬品医療機器等法未承認のため、販売、授与できません。


《AMI株式会社 概要》
会社名:AMI株式会社
代表者:代表取締役CEO 小川晋平
設立:2015年11月
URL:https://ami.inc/
本社所在地:鹿児島県鹿児島市東千石町2-13 302号
本店所在地:熊本県水俣市浜松町5-98
事業内容:医療機器の開発・遠隔医療サービスの提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)