広告・マーケティング

大手企業×D2C領域に特化したマーケティング支援会社「株式会社シグノス」を設立

株式会社シグノス
商品企画・開発から、集客・販売までワンストップでのサポートを実現

D2C業界のビジネスグロースハックを専門とする精鋭集団 株式会社シグノス(所在地:東京都港区、代表取締役 社長 下山 哲平、以下:シグノス(https://www.sygnos.jp/)を設立したことをお知らせいたします。


■「シグノス」設立の背景


この度のシグノス設立背景には、コロナ禍により多くの業界・商材においてEC化率が高まったことがあげられます。
EC化率の高まりによって、商品・サービスの流通・マーケティング方法が変わり、オンライン化が著しい成長を遂げました。中でも美容、ヘルスケアの大手メーカーによるD2C強化の流れが加速しました。


令和2年度(2020年)経済産業省の報告書*¹によると、物販系分野のBtoC ECの市場規模は前年比で伸長率20%を超える結果となりました。過去数年の伸長率が1桁台であったことからも2020年に大幅に拡大したことが分かります。また、EC化率においても2019年よりも向上しており、2013年からの7年間で約2倍に拡大しています。

*¹出典:令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)報告書/経済産業省 商務情報政策局 情報経理課
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_hokokusho.pdf

このようにD2C強化、EC化率向上の流れが加速している中、大手企業でもD2C参入が増加しています。しかし、D2C領域では大手企業といえども、思うような成果を出せず、苦戦している事例が多く見受けられます。一方で、D2C専門メーカーなどのベンチャー企業では、著しい成果を上げている事例も数多く存在しています。

なぜ誰もが知る大手企業が苦戦し、D2C専門メーカーなどのベンチャー企業の方がヒット商品を多く生み出しているのか、私たちはそのギャップに目を付け、「大手企業×D2C」の成功・成果にコミットすべくシグノスを設立いたしました。


■D2Cの課題を解決する「シグノス」

従来のD2Cでは様々なパートナー(商品企画・製造・広告制作・運用代理店など)と協業することが多く、ワンストップで伴奏することが難しいという課題があった為、一気通貫のサポート力が求められていました。シグノスでは、「D2Cの課題を解決し、グロースさせる」ことをミッションとして掲げ、企業のD2C支援を行っていきます。経営陣の代表取締役会長 徳弘 浩平、並びに代表取締役社長 下山 哲平は、これまでD2C・デジタルマーケティング領域において、様々な成果を上げてきた業界屈指の実績があります。これまでのノウハウを活用し、商品企画から集客・販売まですべて「ワンストップ」で、トータル的なサポートを実現し、お客様のビジネスを戦略的・総合的に支援します。


■事業概要

ワンストップD2Cを叶えるための2つの事業を展開します。

【シグノスの事業の2本柱】
シグノスでは、「結果を出すワンストップD2C」を叶えるため2つの事業を展開してまいります。
https://www.sygnos.jp/

1.D2C事業

D2C業界の知見豊富な経営陣のノウハウを集約することで商品の企画開発、及び集客販売までを可能にします。商品コンセプトやネーミング、大物芸能人とのタイアップなどの企画開発はもちろん、TVCMやPOP-UPストアなどのマスプロモーション、Web広告などのデジタルマーケティングも提供いたします。


2. D2Cエージェンシーとしてのメディア事業

メディア運営をするには、企画、設計、開発、マーケティング、運営のプロセスをきっちりと組み上げるための仕組みや体制、ノウハウが必要です。シグノスではそれらをワンストップに対応できるため、成果を創出するメディアの開発、運営が可能です。シグノスの強みは「ワンストップ」。人材開発もメディア運営同様全てワンストップで行っています。採用、育成、組織マネジメントまで一貫して対応できるからこそメディア運営を可能にしています。


■経営陣紹介

シグノスでは、D2C領域においてこれまで数多くの実績を残してきた経営陣の知識・ノウハウを活かして、企業のD2C支援を行ってまいります。

シグノス代表取締役 会長 徳弘 浩平
〈コメント〉
お客様が求める商品が何かを徹底してリサーチし、誰よりも精緻でダイナミックなマーケティングを素早く遂行する。本来、当たり前であるハズのことが、D2Cを標榜する多くのメーカーで実現できていない実態があります。私たちシグノスでは、D2C業界に「当たり前」の成功法則を持ち込み、パートナーとなるメーカー様を常勝させることをお約束します。
〈経歴〉
D2C黎明期より多くの商品企画・プロモーションに携わる。これまで手がけた商品では、月間広告予算が数億規模に上る規模のヒット作を連発し、D2C業界では多くの大手メーカーからオファーが集まる存在に。有名芸能人・著名人を起用した商品展開を得意とし、ボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー氏のアジア圏におけるビジネス化権利を持つなど、プロスポーツ界との繋がりも深い。
現在は、そのメイウェザー氏だけに留まらず、倖田來未、アンミカ等著名芸能人とのタイアップ商品を続々展開中。現トラストライン株式会社 代表取締役社長

ー代表取締役会長 徳弘 浩平のこれまでの実績ー



KILLER BURNER
倖田來未完全プロデュース ダイエットサプリメント


MIKA WHITE


アンミカプロデュース ホワイトニング歯磨き


MAYP-UP


メイウェザー完全プロデュース ボディメイクサプリ


シグノス代表取締役 社長 下山 哲平
〈コメント〉
私たちシグノスは「D2C業界のビジネスグロースハック」を専門とする精鋭集団です。
大手企業が軒並みD2Cに参入している昨今、目覚ましい業績が期待通りには残せていないという現状が見受けられます。一方で、大きなヒット商品を生んでいる「知る人ぞ知るD2Cメーカー」も実在するのも事実です。なぜ誰もが知る大手企業よりもD2C専門メーカーの方がヒット商品を生み出しているのか。私たちはそのギャップに目を付け、「大手企業xD2C」の成功・成果にコミットすべく、シグノスを立上げました。当社はD2Cに特化したノウハウを活かし、クライアントの目指す利益のため、総合的なサポートを行なってまいります。
〈経歴〉
大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たし、東証二部上場への成長を牽引。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメンション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立5年でグループ5社へと拡大し、主に東証一部上場企業を中心とした大手企業におけるデジタル系事業開発に従事している。現・株式会社ストロボ代表取締役社長


■新会社シグノスの会社概要


会社名     :株式会社シグノス SYGNOS,Inc.
所在地     :〒105-6021 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー21階
代表取締役 会長:徳弘 浩平
代表取締役 社長:下山 哲平
事業内容    :D2C事業、メディア事業
資本金     :5,000万円設立
URL      :https://www.sygnos.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)