自動車・バイク 医療・医薬・福祉

電動トライク試乗モニター募集のお知らせ。【免許返納する前にお試しください!】

株式会社メイワ
高齢者の新しい移動手段を実際に体感いただけます。

山間部や地方に住む高齢者の新しい移動手段として、電動トライクの可能性を探るために試乗モニター募集をさせていただきます。自動車よりも操作が簡単で安全、電動駆動で環境にも優しい電動トライクを長期間お試しください。 ※ご家族から代理でのご応募もぜひお待ちしております。



試乗モニターを募集するに至った背景




昨今の社会問題とされている高齢者による交通事故。その原因の多くが加齢による動体視力、瞬発力の低下が引き起こす運転ミスによるもの。
大事故を起こす前に、免許証の自主返納をする方も徐々に増えてきました。しかし、免許返納後に起こりうる問題が「認知症」です。

認知症と自動車の運転は一見関係がないように思えますが、免許返納後の高齢者は約2倍も認知症が進行してしまうといった研究結果も出ております。免許返納後の高齢者が以下のような状態に陥ることも珍しくありません。

1,免許返納により、自動車の運転ができなくなる。
2,中距離~長距離の移動ができなくなるため、移動手段は徒歩か自転車。
3,毎日見る景色が同じになる。
4,脳への刺激が減少するため、認知症のリスクが高まる。


そこで、自動車よりも運転ミスを起こしにくいと考えられる「電動トライク」に着目しました。電動トライクが運転ミスを起こしにくい理由として関係してくるのが、「脳」と「手」「足」です。人が動作をする際、脳がどのような動作をすべきかを判断し四肢へ信号を送ります。自動車の運転中「脳」からはハンドルを操作する「手」とアクセル、ブレーキを操作する「足」それぞれに別々の信号を出しているのです。

高齢者が自動車を運転する場合、運転していて危険な状況に陥った際、事故を阻止するためにハンドルを操作する「手」とアクセル、ブレーキを操作する「足」それぞれへどのような信号を送るべきか判断するまでに時間がかかり事故へとつながることも珍しくはありません。

「電動トライク」はアクセル、ブレーキ、ハンドルの全てを手だけで操作をします。危ない状況に陥った際に「脳」が判断をし、信号を送る先が「手」だけに集中するため、自動車よりも事故を起こしにくいのです。

明和整備は電動トライクが高齢者の新しい移動手段として確率できる未来を確信し、まずは私たちの拠点である愛知県豊田市を中心に電動トライクの普及を行ってきました。ですが、近年日本では高齢化が急速に進んだ結果、高齢者による交通事故が多発しております。
この課題を解決するために、まずは多くの方に電動トライクを利用していただくことで、電動トライクが事故を起こしにくい乗り物だということを体感していただく必要があると考えます。


本件の概要

電動トライクの試乗モニターにご協力いただける方を募集いたします。参加者には明和整備が取り扱う電動トライクをお送りし、試乗期間中お住まいの地域で自由に運転していただきます。(試乗期間は1ヶ月間)

試乗期間終了後に、地方の新しい移動手段として電動トライクの可能性、今後の改良について、製品フィードバックアンケートのご回答をしていただきます。


モニター募集期間

2022年3月15日~2022年3月31日


スケジュール

2022年4月1日以開始降予定。

開始時期になりましたらメールでご連絡いたします。
実施時期は変動する可能性がございます。ご了承ください。






費用

無料

※電動トライクの充電にかかる電気代はご負担いただきます。


モニター募集対象者について

・地方にお住まいの移動躊躇者、困難者
・地方にお住まいの移動躊躇者、困難者の代理応募(ご家族や知人の方)
・試乗モニター終了後にアンケートご参加いただける方

モニター募集対象地域につきましては、明和整備が拠点にしている愛知県付近の県を対象としております。

■対象地域
・愛知県
・三重県
・滋賀県
・岐阜県
・静岡県
・長野県

※本件は抽選となりますため、応募者全員が試乗モニターに参加できるものではありません。
※当選結果はメールにてお知らせいたします。


応募について

応募フォームより必要事項を入力の上ご送信ください。

応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/1fwnb6WTZPCUuGCOW8ePfunVALkuw5vxqqkAtIm4QKmE/viewform?edit_requested=true


電動トライクについて

電動トライクは三輪の電動モビリティです。家庭用のコンセントで充電でき、満充電にかかる電気代も数十円~数百円と経済的です。完全電動駆動なので、排気ガスの排出が全くない環境に優しい乗り物として注目を集めております。

近年日本では、原油価格の高騰によりガソリンスタンドが年々減少しています。給油が必要なガソリン車と比べ、自宅で気軽に充電できる電動トライクが高齢者の新しい移動手段として確率される未来はそう遠くないと確信しております。

■電動トライクの概要
・バーハンドル式操作の三輪自動車
・普通自動車免許が必要
・ナンバー取得が必要
・車検、車庫証明が不要
・乗車人数1~3人
・最高速度50km(本件でお貸し出しする車種は最高速度30km~40km)


試乗モニター募集に関するお問い合わせ

試乗モニター募集に関するお問い合わせは以下問い合わせフォームよりお願いいたします。

問い合わせフォーム
https://meiwa-seibi.co.jp/contact/index.html


試乗モニター募集に関する注意事項

※本試乗モニターには代理応募を可能にしておりますが、運転者の免許証がない場合お断りさせていただいております。
※普通自動車運転免許をお持ちの方のみ運転することができます。
※試乗中に発生した事故およびバッテリー残量ゼロ等による走行不能な状況が発生した場合に要する費用は参加者様のご負担となります。
※ 試乗中に発生する事故については、運転者様の責任となります。
※試乗車は全車、車内禁煙とさせていただいております。ご協力お願いいたします。

みなさまからのご応募心よりお待ちしております。

株式会社メイワ
〒471-0828
愛知県豊田市前山町3丁目2番地1号
代表取締役:長江 久和
会社URL:https://meiwa-seibi.co.jp/index.html

パートナー企業
東京都八王子市
合同会社YOBOSHI
代表:神谷 哲治
会社URL:https://www.yoboshi.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)