広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

血管内超音波デバイス(IVUS)市場、2021年の6億897万米ドルから2028年には10億1,237万米ドル規模に成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「血管内超音波デバイスの世界市場予測(2028年まで):COVID-19の影響、タイプ別、モダリティ別、エンドユーザー別の分析」(The Insight Partners)の販売を2022年3月14日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1059368-intravascular-ultrasound-devices-market-forecast.html




血管内超音波デバイス(IVUS)市場は、2021年の6億897万米ドルから2028年には10億1,237万米ドルに成長すると予測され、CAGRは7.5%と推定されています。
市場動向
循環器系疾患の増加
CVDは、世界中で罹患率および死亡率の最も大きな原因であることに変わりはありません。不健康な食事は、CVDを引き起こす最も重要な生活習慣の要因です。WHOによると、CVDは2019年に世界で約1,790万人の死亡を占める死因の1つです。
CVDの主な危険因子としては、家族歴、民族性、年齢、その他の危険因子(タバコの消費、高血圧、肥満、高コレステロール、運動不足、糖尿病、不健康な食事、飲酒など)が挙げられます。CVDの大部分は、血管内超音波デバイスによる事前モニタリングと事前診断によって予防することができます。したがって、CVDの増加により、血管内超音波デバイスの需要が高まっています。
COVID-19の大流行により、血管内超音波デバイスの需要が増加しています。アジア太平洋地域の血管内超音波(IVUS)装置市場は、近い将来、急速なペースで拡大する可能性があります。このような市場の拡大は、訓練を受けた優秀な技術者の存在と、技術的に高度な診断機器の採用が増加したことが主な要因であると考えられます。
モダリティに基づく洞察
血管内超音波デバイス市場は、モダリティに基づいて、仮想組織型IVUS、iMap IVUS、統合後方散乱IVUSに区分されます。2021年の市場シェアは、バーチャルヒストロジーIVUS分野が大きくなっています。しかし、iMap IVUSセグメントは予測期間中に8.0%の高いCAGRを記録すると推定されます。

タイプ別動向
血管内超音波デバイス市場は、タイプ別に機器とアクセサリーに分類されます。2021年の市場シェアはアクセサリセグメントが大きく、予測期間中の市場のCAGRは同セグメントが7.7%と高くなると予測されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1059368-intravascular-ultrasound-devices-market-forecast.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)