美容・健康 食品・飲料

【高濃度、安心安全、確かな肝機能改善原料】お酒を飲む方へ高い説得力「ブロッコリー種子エキス末」

ManNAcプラス株式会社
【高濃度、安心安全、確かな肝機能改善原料】お酒を飲む方の新たな救世主「ブロッコリー種子エキス末」と「スルフォラファン」

飲酒によるストレス改善、良好なコミュニケーション、リラックス効果、食事が美味しくなるなど魅力はいろいろですが、多量の飲酒や継続的な飲酒による肝機能への影響があるのも事実です。飲酒に関するアンケートでも、お酒を楽しむ方はなんらか対策をするべきと思っています。肝機能対策に安心安全で、健康診断での数値など確かな実感を持て、毎日摂りやすい機能性食品素材「ブロッコリー種子エキス末」は、肝機能改善への新たな救世主ともいえます。


■コロナ禍でお酒を飲む機会の変動


春は歓送迎会やお花見などのイベント等々、何かとお酒を飲む機会が多いのですが、昨今のオンライン飲み会など自宅飲みも増え、以前より飲酒の機会自体が増えているのです。


「普段お酒をどのくらい飲みますか」の回答に「ほぼ毎日」「週5日程度」で50%を越える結果となりました。
また飲む理由としては「気分をリラックスするため」「ストレス・疲労を解消するため」が圧倒的に多く、コロナ禍のストレスも要因しているのかもしれません。


調査日:2022-02-16~02-23/調査機関:日本トレンドマップ研究所
年齢:20~60歳代/普段、週に1回以上お酒を飲む男女 209名

キリンホールディングスが昨年実施した調査でも、コロナ禍において、およそ3割の人が飲酒の頻度・量ともに「増えた」と回答しているそうです。飲酒(アルコール摂取)はもともと依存性があるため、習慣になりやすい一面があります。


■高まる飲酒管理意識


調査日:2022-02-16~02-23/調査機関:日本トレンドマップ研究所
年齢:20~60歳代/普段、週に1回以上お酒を飲む男女 209名

飲酒される方に、「肝臓を休めることは大切だと思いますか」という問いに対して、「とてもそう思う」が64%で、「やや思う」も含めると96%の方が肝臓を休めるもしくは対策が必要と思っていて、飲酒の頻度・量が増えるにつれ、飲酒管理意識も高まっています。



休肝日以外の対策をとっている方も少なくなく、「量の調整」「飲む前に胃薬を飲む」「飲む前に乳製品や何かを摂取」「飲んでいる最中に水を飲む」などありますが、これらは胃腸・肝臓などの負担を一時的に減らす、または悪酔いをさけるための対策であり、肝機能の改善には至っていません。

「特に対策していない」と回答した方も少なくなく、正しい肝臓ケア対策を知らない、もしくは自分のニーズに合う肝臓ケア対策に出会えていない可能性もぬぐい切れません。 ゛


■飲酒と沈黙の臓器・肝臓


肝臓は、栄養分などを取り込み体に必要な成分に換える「代謝」の働きをする重要な臓器で、またアルコールなど不要な物質を解毒したり、胆汁に排泄する働きもしています。肝臓はまさしく“ないと生きていけない臓器”です。


ところが、アルコールを大量に飲み続けると、肝臓で中性脂肪の合成が高まり脂肪肝になります。さらに飲酒を長期間続けると、肝線維症や肝硬変、またアルコール性肝炎になる場合があり、重症化すると生命の危機にも陥ります。それなのに、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれるほど病気が進行しないと症状が表れにくいため、日頃のケアがとても重要です。

つまり肝臓の負担を減らすだけでなく、日々肝臓の機能を高めることが重要で、正しい肝臓ケアを伝播させていくことも大切になります。


■肝機能改善に注目の成分「スルフォラファングルコシノレート(SGS)」


肝臓ケア成分はいろいろありますが、解毒など肝臓ケアに今話題の新成分は「スルフォラファングルコシノレート(略:SGS)」で、老若男女問わず人気のブロッコリーに豊富に含まれており、抗がん作用も期待できる成分です。まさにブロッコリーは非常に豊富な栄養価を持つスーパーフードです。


ブロッコリーに含まれる「スルフォラファングルコシノレート」は、体内で分解され『スルフォラファン』という物質に変化し、肝臓の解毒する働きを促進したり、肝臓が過度の飲酒やストレスなどによって酸化したり、炎症を起こしたりすることを抑制させます。
まさに、肝臓ケアの救世主ともいえる新成分です。


■成分「スルフォラファングルコシノレート(SGS)」に期待される効果・効能



スルフォラファングルコシノレートは、解毒など肝臓ケア以外にも抗がん作用や美肌効果など毎日摂りたくなる成分です。

スルフォラファングルコシノレートに期待される効果・効能


肝臓ケア(解毒力の活性化)
抗酸化作用
抗がん作用(大腸がん、乳がん抑制作用)
抗ピロリ菌作用
美肌効果(チロシナーゼ活性阻害作用、メラニン生成抑制作用)
睡眠の質の改善(メラトニン産生促進)


ですが、毎日ブロッコリーを食べ続けることは現実的ではありません。
また、その高い栄養価からブロッコリースプラウトも大変人気になりましたが、実はブロッコリーの種子にはブロッコリースプラウトをはるかに越える「スルフォラファングルコシノレート」が濃縮し含まれています。

そこで研究開発を重ね、特許製法(※)によりブロッコリーの種子からスルフォラファングルコシノレート(SGS)を抽出、13%以上と他社に類を見ない高配合のエキス末の開発に成功しました。
※Publication of CN103436565B 「A method for extracting & separating glucoraphanin (sulforaphane glucosinolate) from broccoli seed」

安定的なスルフォラファングルコシノレートの状態で製品化しているため、 カプセルや錠剤だけではなく、 飲料等の様々なアプリケーションでご使用いただくことが可能です。

【文中アンケートの調査情報】
調査日:2022-02-16~02-23/調査機関:日本トレンドマップ研究所
年齢:20~60歳代/普段、週に1回以上お酒を飲む男女 209名

■問合せ先
・会社名 : ManNAcプラス株式会社
・所在地 : 東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビルUCF501
・代表者 : 代表取締役 吉村 亮太
・事業内容 : 健康食品及びサプリメントの企画、製造、販売
・Webサイト: https://mannac-plus.co.jp/
・電話番号 :03-4500-7987(担当:櫻井 サクライ)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)