広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

羊膜の市場規模、2030年に85億米ドル達成予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「羊膜の市場規模・シェア・動向分析 (2022-2030年):エンドユーザー (病院・ASC)・製品 (凍結保存・脱水)・用途 (眼科・外科的創傷) 別」(Grand View Research, Inc.)の販売を3月14日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1058026-amniotic-membrane-market-size-share-trends.html




羊膜の市場規模は、CAGR14.8%で成長し、2030年には85億米ドルに達すると予測されています。外傷や火傷の症例数の増加、手術の増加、羊膜製品の利点に関する認知度の向上が、市場の需要を牽引しています。羊膜には痛みを和らげる効果があるため、外科的創傷や眼科分野での採用が進む可能性があります。

また、幹細胞や再生医療分野の研究開発費の増加や手術件数の増加も、市場の成長を押し上げる要因の一つと考えられます。市場では、眼科、皮膚、脳、頭頸部、泌尿器科など、幅広い分野での応用が期待されており、世界各国で羊膜移植が増加していることも、市場全体の成長に拍車をかけると思われます。さらに、人々の間で製品の利点に関する認識が高まっていることも、今後の需要を押し上げると推測されます。

一方、熟練した専門家の不足が市場成長の妨げになることが予想されます。羊膜製品は、静脈性潰瘍、褥瘡、糖尿病性足潰瘍、眼科、慢性創傷の管理など、さまざまな分野の治療で一般的に使用されています。さらに、幹細胞研究および再生医療分野の研究の増加に伴い、研究機関や学術機関が、これらの製品を採用するための研究に取り組んでいます。

凍結保存羊膜は、組織学的・生物学的特性が保存されているため、2021年は最大シェアを占めました。

外科的創傷分野は、外科的処置数の増加と外科的用途での幅広い製品使用により、2021年に高い市場シェアを占めました。

美容整形や再建手術が世界的に増加していることから、2030年までに専門クリニックのシェアが最高になると予想されます。

2021年の地域別市場規模は、多数の大手企業が存在すること、慢性疾患や感染症の発生率が高いことから、北米地域が最大となりました。

アジア太平洋地域は、人口の多さと慢性疾患や火傷の増加により、今後、最も速いペースで市場が成長すると考えられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1058026-amniotic-membrane-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)