広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

デジタル治療薬の市場規模、2030年に325億米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「デジタルセラピューティクス (DTx) の市場規模・シェア・動向分析 (2022-2030年):用途 (糖尿病・肥満・CVD)・エンドユーザー (患者・医療提供者・保険者・雇用者)・地域別」(Grand View Research, Inc.)の販売を3月14日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1058027-digital-therapeutics-market-size-share-trends.html




デジタル治療薬の市場規模は、2022年からCAGR26.1%で成長し、2030年には325億米ドルに達すると予想されています。市場成長の主な要因は、COVID-19の大流行による高い需要、さまざまな支援的な規制イニシアチブと償還の初期兆候、先進国と発展途上国におけるスマートフォン普及率の増加、慢性疾患の蔓延の増加などが挙げられます。さらに、プロバイダーや患者にとってのデジタルヘルス技術の費用対効果、統合ヘルスケアシステムおよび患者中心のケアに対する需要の高まりが、市場成長を後押しすると推定されます。

COVID-19の大流行が、デジタル治療ソリューションの採用を促進しています。Teladocは、テレヘルスの利用がパンデミック前より約38倍に増加したと報告しています。これらのソリューションの採用は、FDAなどの規制機関による支援的なイニシアチブによってサポートされました。例えば、米国FDAは2020年4月に、精神科患者に対するデジタルヘルス治療機器の利用可能性を拡大するためのガイドラインを発表しました。ケピオスによると、世界的にインターネットユーザー数は年率7.6%、すなわち毎日平均90万人の新規ユーザーが追加されています。先進国や一部の発展途上国ではスマートフォンやインターネットの普及率が高い一方で、アフリカや南アジアなどの地域では経済が発展していないため、普及が遅れている国もあります。

ユーザー数が少ないアフリカでは、手頃な価格の端末の登場により、スマートフォン市場の拡大が期待されています。これらの端末は1台あたり100米ドル以下の価格で、人気を博しています。医療費の増大により、費用対効果の高いヘルスケアへのニーズが高まっています。慢性疾患の増加により、医療費も増加しています。これは、発展途上国や先進国の経済成長に影響を及ぼしています。より安価で代替的な医療提供手段を促進するため、デジタルヘルス技術が奨励され、追加コストの回避に役立っています。mHealthアプリの使いやすさとその一貫した性能は、個人とコミュニティの健康状態の改善に役立つため、市場成長にプラスの影響を与えると予想されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1058027-digital-therapeutics-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)