医療・医薬・福祉 住宅・建築・建設

静岡初!民営化施設へ口開け 川勝平太知事出席予定 3/19 「浜松学園」新棟 竣工式開催のお知らせ

社会福祉法人 聖隷福祉事業団
川勝平太知事 出席予定 障害者支援の経験を活かし、創意工夫のある新たな支援の充実に期待

社会福祉法人 聖隷福祉事業団(以下聖隷福祉事業団)[法人本部所在地:静岡県浜松市、理事長:青木善治)は、令和4年4月の静岡県立浜松学園民営化に向け、支援の充実を目的とした「浜松学園増築・既存改修工事」を進めてまいりましたが、この度、全体竣工を迎え、3月19日(土)に竣工式を行います。同施設規模の県立施設民営化は静岡県では初となる民間事業者への移譲となります。


新棟 外観写真
<背景>
静岡県立浜松学園(以下「浜松学園」という)は、昭和42年より50年以上にわたり、知的障害のある方の一般就労を目指した入所型訓練を行っておりましたが、平成31年より指定管理制度を導入し、聖隷福祉事業団が運営しております。
令和元年度、有識者等による「あり方検討会」が開催され、「一般就労の更なる拡充のためには、支援経験が豊富で幅広い支援ができ、柔軟に対応できる民営化が望ましい」との提言がなされ、令和4年4月民営化に向けた移譲先法人公募を経て、聖隷福祉事業団が移譲先法人として採択されました。
民営化後は、一人でも多くの障害のある方が、働く力を身につけ、地域で安心してくらしていけるよう、支援の充実を図る事を目的とした事業内容の再編を行い新たなスタートを踏み出していきます。
これにより、新たな作業メニューの拡充のため、新棟を建築し、リネン工場、事務センター、お菓子工房を新設します。また、既存改修工事では、老朽化した設備の改修を行いました。

入所事業の障害者支援施設は「静岡県立浜松学園」から「聖隷チャレンジ工房浜松学園」と名称変更し、従来の就労移行支援・施設入所支援に就労継続支援B型・短期入所を新たに加えた多機能型施設に変更し、さらに通所事業では就労継続支援A型「聖隷ワース工房浜松学園」、肢体不自由者のリハビリと介護を行う「聖隷ステップサポート」を新設します。
施設入所をメインとした事業から地域社会と連携し、「働く」「暮らす」「学ぶ」の3つの支援機能をメインテーマとし、「働きたい」という想いを抱いている障害をお持ちの方ご自身が、なりたい自分を描き、社会で生き抜く力を習得するための支援を目指します。

<建築概要>
■増築工事
鉄筋コンクリート造・2階建て 延床面積 3,027.04平方メートル (敷地内グラウンド部分)

■既存改修工事
男子棟・女子棟浴室、厨房・食堂、給湯設備、管理棟・作業棟トイレ 等

■設計
株式会社 公共設計

■施工
株式会社 飯田組

<施設MAP>



■施設種別:就労支援施設
(現 在)
・施設入所支援60名(宿泊)
・就労移行支援60名
(改修後)
・施設入所支援60名(宿泊)
・就労移行支援30名
・就労継続支援B型30名
・就労継続支援A型15名
・生活介護20名
・短期入所10名

■事業所名
 静岡県立浜松学園 → 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 浜松学園(令和4年4月1日より)

・聖隷チャレンジ工房浜松学園
(就労移行支援、就労継続支援B型、施設入所支援、短期入所)
・聖隷ワース工房浜松学園
(就労継続支援A型)
・聖隷ステップサポート
(生活介護)

■新棟 新たな作業場
リネン工場  → 「ランドリーセンター」
事務センター → 「オフィスハマガク」
お菓子工房  → 「きずなができるお菓子屋さんfilo(フィーロ)」 令和4年4月4日(月)OPEN予定


竣工式


■開催日時: 2022年3月19日(土)10:30~ 11:30 ★取材受付は9:30~

■開催場所: 「浜松学園」敷地内 体育館(静岡県浜松市北区都田町9478-1 )

■式次第

前  奏
招  詩
讃 美 歌 312番 1節・3節
聖 書   マタイによる福音書7章 7節-12節
説 教
祈 祷
讃 美 歌  338番 1節・4節
祝 祷
後 奏
感謝状贈呈
祝  辞  静岡県知事 川勝 平太 様
挨 拶 聖隷福祉事業団 理事長  青木 善治

■来賓予定
 静岡県知事 川勝 平太 様
 静岡県議会議員 岡本 護 様
 静岡県健康福祉部長 石田 貴 様
 浜松市健康福祉部障害保健福祉課長 久保田 尚宏 様
 静岡県手をつなぐ育成会 会長 小出 隆司 様


施設写真






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)