医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

【ソラミチシステム:薬局経営者向け無料オンラインセミナー 3月26日、30日開催】令和4年度調剤報酬改定セミナー

株式会社ソラミチシステム
~改定のポイントと、事例をもとにした薬局経営への影響を解説!~

 クラウド電子薬歴『CARADA 電子薬歴 Solamichi』の企画・開発・販売を行う株式会社ソラミチシステムは、薬局経営者に向けた無料オンラインセミナー「令和4年度 調剤報酬改定解説セミナー」を、2022年3月26日(土)と3月30日(水)に開催します。  セミナーの詳細・お申込みはこちら: https://bit.ly/solamichi_seminar_202203



 2年に1度行われる調剤報酬改定の改定年である今年は、対物中心から対人中心への転換の推進が掲げられ、評価体系の見直しにより「薬剤調整料」・「調剤管理料」・「服薬管理指導料」が新設されました。地域医療に貢献する薬局の体制等を評価する「地域支援体制加算」の改定や一定の期間内であれば反復使用できる「リフィル処方箋」の導入、「オンライン服薬指導」の評価の見直しなど実務にも関係が深い項目の改定がなされます。
 今回の改正は、高齢化により働き手が減少することが予想される社会の中で、薬局業界では、デジタルの導入・連携によって業務効率化を図り、効率化で生まれた時間を対人業務へとシフトさせていく、という流れが加速しているとも捉えることができます。
 本セミナーでは、令和4年の診療報酬改定のポイントをわかりやすく説明します。さらに、今回の改定が薬局経営にどのような影響を与えるのか、薬局経営の事例データをもとに解説します。

【セミナー概要】
●開催日時:
 ・3月26日(土)14:00~16:00
 ・3月30日(水)19:00~21:00
●会場:オンライン(Zoomにて配信)
●参加対象者:薬剤師・薬局関係者
●参加費用:無料
●セミナーの詳細・お申込みはこちら: https://bit.ly/solamichi_seminar_202203
※お申し込みは開催日2日前まで受け付けております。お早めにお申し込みください。

【プログラム】
1.令和4年度調剤報酬改定のポイント解説

・調剤報酬改定での変更点と薬局に求められていることとは?
・対物業務からの対人業務へのシフトするために必要なこと(服薬フォローアップ、在宅医療の重要性について)
・地域支援体制加算の変更点から、これまで取り組むことができていない項目の克服方法(在宅訪問件数やトレーシングレポートの提出回数を増やすためには?)

2.調剤報酬改定による経営数値への影響について(薬局経営の事例データをもとに解説)
・「地域支援体制加算」、「調剤基本料」、「後発医薬品調剤体制加算」などの影響についてモデル薬局をベースに収益変化をシミュレーション
・シミュレーション結果をもとに注力すべきポイントを解説

3.調剤報酬改定で活用できるクラウド電子薬歴システム『CARADA 電子薬歴 Solamichi』の機能について
・服薬期間中のフォローアップ「服薬フォロー」機能
・在宅報告書・トレーシングレポートなど作成サポート機能
・服薬指導とその情報管理をナビゲーションする「指導ナビ」

【講師】
株式会社メディセオ 執行役員 営業本部 副本部長
上野 徹志
株式会社メディセオ 営業企画部 マネージャー
真砂 一誠

【『CARADA 電子薬歴 Solamichi』について

 『CARADA 電子薬歴 Solamichi』は、患者の症状や薬剤の処方内容、指導履歴などを記録できるクラウド型の電子薬歴システムです。薬剤師の業務を支援するサービスとして、処方に際して飲み合わせの危険性が高い薬剤のチェック機能や、患者への服薬指導内容のナビゲーション機能などを搭載しています。令和4年度調剤報酬改定でも注目される対人業務の強化、かかりつけ化の促進に役立つ「服薬フォロー」機能やトレーシングレポートの作成サポート機能も備えています。
 また、薬歴の作成状況のチェック機能や患者対応業務のto doリストを備えており、クラウド型システムにより場所や時間を選ばずに薬歴の作成ができるため、薬剤師の業務効率化をサポートします。
 2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。
 URL: https://bit.ly/site_solamichi_20211216

※CARADAは、株式会社エムティーアイの商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)