広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

モノクローナル抗体市場、2028年には2,430億5,000万米ドル規模に到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「モノクローナル抗体の世界市場:2028年までの予測 - COVID-19の影響と分析 - 由来別、製造方法別、適応別、用途別、エンドユーザー別」(The Insight Partners)の販売を2022年3月10日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1059396-monoclonal-antibodies-market-forecast-covid-impact.html





モノクローナル抗体市場は、2021年の1,101億米ドルから2028年には2,430億5,000万米ドルに達すると予測され、CAGRは11.8%と予想されています。

がんやその他の慢性疾患の有病率の増加、COVID-19症例の驚異的な増加が、市場成長を促進する主な要因となっています。世界がん研究基金と米国がん研究所によると、2020年には、男性の930万症例と女性の880万症例を含む、~1,810万症例のがんが記録されました。がんの治療におけるモノクローナル抗体の使用は、まだ第2相および第3相試験の段階です。

市場動向
がんと他の慢性疾患の有病率の大幅な上昇が市場の成長を促進
米国がん協会の報告書によると、2019年1月時点で、がんの既往歴を持つ~1,690万人が米国に居住しています。2030年1月までに、人口の増加と高齢化だけで、がんサバイバー人口は2,210万人に増加すると推定されます。そのため、がんやその他の慢性疾患の増加に伴い、モノクローナル抗体(mAB)などの生物学的製剤の需要も急増しています。多くの治療レジメンや費用対効果の高い治療の主要な構成要素である生物製剤は、がん治療において重要な役割を担っています。

供給元ベースの洞察
モノクローナル抗体市場はマウス、キメラ、ヒト、ヒト化抗体に区分されます。ヒトセグメントは、2021-2028年の間に最大の市場シェアを占めると推定されます。このセグメントの市場成長は、様々な種類の感染症の治療のためのヒトモノクローナル抗体の統合のための上昇に起因しています。
例えば、Regeneron社は、COVID-19で使用するために、FDA承認の抗体カクテルcasirivimabとimdevimabを一緒に発売しました。本剤は、FDAより緊急時使用承認(EUA)を取得しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1059396-monoclonal-antibodies-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)