医療・医薬・福祉

紫外線・花粉や新生活…肌ストレスが増える春こそ気を付けたい 30代女性の約7割が悩む肌あれ、イボにおすすめの「ヨクイニン錠」

クラシエ薬品株式会社
~飲みやすい錠剤タイプが大容量で新登場~

 クラシエ薬品は、「漢方セラピーシリーズ」から、肌あれ、イボに効く医薬品、飲みやすい錠剤タイプで大容量の『「クラシエ」ヨクイニン錠』(300錠/20日分・希望小売価格税込3080円)を、3月23日に全国の薬局・薬店、ドラッグストアで発売いたします。


 「漢方セラピーシリーズ」の肌トラブルカテゴリは、2020年度に前年対比120%と大きく伸長しました※。2021年度もほぼ横ばいに推移しており、好調を維持しています。その要因として考えられるのが、新型コロナウイルスの流行による長引く“マスク生活”です。マスクの着用は、摩擦による刺激や乾燥の悪化、蒸れによる細菌の繁殖など、肌トラブルの要因にもなるため、「肌荒れ」への需要につながったと考えられます。特にヨクイニンは、肌トラブルカテゴリの伸長を牽引しており、さまざまな肌悩みの対処法がある中で安定したニーズを獲得しています。今回、新たに大容量タイプをラインアップに追加することで、お客様に商品選択のバリエーションをご提供します。
 ※出典:SRI+/カテゴリー_漢方セラピー(止逆清和錠・コイクラセリト゛含む)/対象期間:2019.01-2021.12

 また肌の不調は、紫外線やストレス、疲れなどの影響が積み重なった30代から加速すると言われています。当社が行った調査では、30代以上の女性において、肌あれ、イボの経験率は67.9%。その内、対処していない人は38.7%となりました。また、未対処な人の内、対処したくてもできていない人は85.3%にのぼります。(2021年クラシエ調べ)

 さらに、春は紫外線量の増加や花粉の飛散、新生活による環境の変化など、肌ストレスが増える時季でもあります。肌あれやイボになりやすい生活習慣をチェックして、当てはまることがある方はぜひ生活習慣の見直しを検討してみてください。これから本格的に春を迎えるにあたって、肌あれ、イボでお悩みの方に、『「クラシエ」ヨクイニン錠』をぜひお薦めします。




1.商品名  :「クラシエ」ヨクイニン錠
2.リスク区分 :第3類医薬品
3.発売日   :2022年3月23日
4.希望小売価格:300錠 3,080円(税込)
5.商品特長   :(1)生薬末の錠剤
         (2)20日分の大容量
         (3)お求めやすい価格設計
6.商品概要   :
  効能:いぼ、皮膚のあれ
  成分:成人1日の服用量15錠(1錠340mg)中
     ヨクイニン末・・・4,200mg
    添加物として、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、ステアリン酸Mgを含有する。
 用法・用量
    1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
    成人(15才以上)・・・1回5錠
    15才未満は服用しないこと
  剤型:錠剤


<肌あれ、イボの生活習慣チェック>
 ☐ イボ・肌荒れが気になる
 ☐ 肌のブツブツがなかなか治らない
 ☐ 最近年齢と共に肌の衰えを感じる
 ☐ ついつい紫外線対策をおろそかにしがち
 ☐ 忙しくて、丁寧に肌を洗っている時間がない
 ☐ 洗剤で肌が荒れやすい
 ☐ 保湿ケアは顔だけ。カラダはおろそかになりがち
 ☐ よく肌を触るクセがある
 ☐ 食事が不規則など生活が乱れがち
 ☐ 肌の乾燥感が気になる
 ☐ 肌のごわつき感が気になる


■『漢方セラピー』について


『漢方セラピー』は、薬局・ドラッグストアで展開する漢方薬ブランドです。健康志向が高まり、セルフメディケーションが重視される中、大切な毎日にそっと寄り添う存在として漢方薬を活用して欲しいという想いを込め、2006年に誕生しました。わかりづらく難しいイメージのある漢方薬を、症状やお悩みに合わせてお客様自身が手にとってお選びいただけるようパッケージをわかりやすく工夫しています。40処方以上のラインアップを揃えており、病院に行くほどではない、ちょっとしたお悩みや、今まで対処が分からなかった症状などに対応します。

■クラシエ薬品について



クラシエ薬品は漢方のプロフェッショナルとして、半世紀以上にわたり日本に暮らす人々の健康で豊かな暮らしをサポートしてきました。漢方薬を中心に一般用医薬品から医療用医薬品まで自社一貫体制の下で幅広く提供しています。
近年、健康の価値や暮らしのあり方が大きく変化している社会の状況を受けて、クラシエ薬品は漢方事業における医療用分野と一般用分野の連携を強め、「クラシエの漢方」として事業一体で漢方薬を通じた健康価値の提供を高めていくことに挑戦していきます。
漢方を通じて、日本に暮らす人々が自らの健康を総合的に見つめ、理想とする健康的な暮らしをつくることをサポートしていきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)